カテゴリー
ブログのウラ側

Yoga910 を選んだ理由と使用歴2か月のレビュー

Yoga910 (4Kモデル)を買いました。比較対象は、DynabookのVZ72とSurface Pro (第5世代)でした。選定理由とレビューを書いてみました。Chromeでクラッシュしたり、フリーズしたり、遅かったりしますが、クレームできるほどではありません。

Yoga910 を買いました。

ハイエンド機ではありませんが、特に安くもなく、まじめに比較検討して買いました。

比較対象は、Toshiba、Dynabook V72、Surface Pro (5)です。選定理由と使用歴2か月のレビューを書いてみました。

スマホ&タブレットの代替案は、2-in-1

海外暮らしで、移動が多い営業&マーケ職、一時帰国や長期出張の際には仕事パソ&家パソの2つもちでフライトに望みます。「軽くて丈夫」であることが、最も重要な選択基準でした。

スマホ&タブレットでのブログ更新は断念したものの、願わくば12インチぐらいのスクリーン、総重量1キロ以下で調達することを目指していました。

一番欲しかったのはSurface Pro (第5世代)

実は、一番欲しかったのは、Surface Pro5。

ただ残念ながら前のパソコンが動かなくなった時点ではまだ発売していませんでした。

買うならLTEモデルと決めていたので、無念ではありますが、他のパソコンにせざるを得ませんでした。3年後ぐらいには、Surface ProがLTE対応かつ4Kスクリーンになっているのではないかと、買い替えへの淡い期待を寄せております。

候補1、Microsoft、Surface Pro5、12.3インチスクリーン、782g(i7)

  • メーカーサイト「Surface Pro」(他と揃えるためi7モデルを抜粋)
  • 782g!12.3インチ!!、 2,736 x 1,824ピクセル、Intel Iris™ Plus グラフィックス 640
    • 重さもサイズも理想的!!!
  • CPUのIntel Core i7-7660U、メモリ8~16GB、ハードドライブ256GB~1TBで選択可
  • ポートは、microSD card readerx1 (←このサイズには珍しい)、Full-size USB 3.0×1, Surface Connectx1, Headset jackx1, Mini DisplayPortx1,Cover portx1
  • タッチスクリーンかつ、スタイラスペン対応(でも別売り)

候補2、Dynabook、VZ72、12.5インチスクリーン、1,099g、FHDモデル

  • メーカーサイト「dynabook V72/B
  • 1,099g、12.5インチスクリーン、1,920×1,080ピクセル(FHD)、Intel HD グラフィクス 620
    • これ軽くてとても理想的!
    • スクリーンも小さくコンパクト、FHDで十分かも?
  • CPUはIntel Core i7-7500U、メモリ8~16GB、ハードドライブ256~512GBで選択可。
  • ポートはThunderbolt™ 3 (USB Type-C™) コネクタ(電源コネクタ)が一つだけ、そこから外部コネクタにつないで、HDMI®出力端子×1、RGB×1、USB3.0×1、LAN(RJ45)×1へ接続
  • タッチスクリーンかつスタイラスペン付き

候補3、Lenovo、「Yoga910」、13.9インチスクリーン、1.4kg、4Kモデル

  • メーカーサイト「Lenovo YOGA 910 – 80VF001KJP(4Kモデル)
  • 1.38kg、13.9インチスクリーン、3840×2160ピクセル(4K)、Intel HD グラフィクス 620
    • 重さはセーフゾーンといったところでしょうか?
    • 珍しいサイズのスクリーンです。理想とする12インチからは正直ちょっと遠いです。
    • 4Kの中では最も軽くて小さいモデルです。ネットでの評判は、4Kベンチマーク機のSpectra 360に負けちゃっていましたが、但しこちらは15インチスクリーン。
  • CPUはIntel Core i7-7500U、メモリ8GB、ハードドライブ256GB PCIe SSD
  • USB portsは、2x USB 3.0, 1x USB 2.0(すっごく不便)
  • タッチスクリーンだけど、スタイラスペン非対応

結局決め手は、買いやすさと補償

ご縁です。ご縁。

旧パソが動かなくなった時点で未発売だった第一候補のSurface Proと、イギリスでは販売していないので、次の帰国まで旧パソが持ったら買おうと思っていた第二候補のDynabookとはご縁がなかったんです。

パソコンが壊れてしまって、慌てて似たようなものを探した結果がYoga910です。これ、褒めてはいないですね。

Yoga910の使い勝手

パソコンには個体差があるのだと思いますが、Chromeのパフォーマンスが非常にぎこちないです。

CPUは第3世代→第7世代、メモリは4GB→8GB、SSDは125GB→256GBに性能アップしているのに、ネットが遅くなって、しばしばフリーズします。げんなりします。

起動も旧パソよりもゆるりとしています

最初はクラッシュしたりしていたのですが、若干調子がいい日が増えてきたような気がしますし、クレームできるほど動かないわけではないので、とっても微妙です。

それから、これは、どれを選んでも同じだったかもしれませんが、Type-AのUSBポートが一つしかないのは、結構不便です。しかもサンダーボルトじゃなくて、スペックダウンしました。マウスがType-Aなので、他のデバイスとつなぐときはマウスが使えなくなってしまいます。がっかり。

4Kスクリーンは、とってもキレイです。飛行機の中で隣の席になったパソ通が思わず覗き込むレベルで、キレイらしいです。

キー配列が割とスタンダードなQWERTYです。ノートパソコンだと、方向キーやバックスペース、削除キー、Ctrl、Shiftが変なところについていたりしますが、使いやすい普通の配置です。(妙な連結キーはあります)

稼働時間は11.5時間(4Kモデル)とのことですが、大体10時間ぐらいは持っている感じです。

あと、外観が欧州人好みらしく、公共の場所で使っていると話しかけられます。ただこれは、欧州人の習性なだけかもしれません。

そもそもノートパソコンが必要か?

タブレットがかなり便利に使える中、そもそもパソコンはいらないんじゃないか??っと考え、iPad Pro、iPhone 6で3週間ほどブログを書いてみました。

記事の本文を書くだけならiPhoneの音声入力が速いです。タグやカテゴリーを設定したりする際はiPad Proが便利です。更に、head部分のメタデータをまじめに管理したり、カスタマイズをするにはどうも不便で、スマホ&タブレットでのブログ更新は断念しました。

作成者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください