Yoastの”ヘッダーメニュー”が使いやすくて、ツボ!

ワードプレスのSEOプラグインYoastでは、色々なことができるのですが、”ヘッダーメニュー”の使いやすさがツボです!

編集中に使うのは「キーワードのリサーチ」

記事作成中に「キーワードのリサーチ」から新しいタブで「Google Trend」の検索結果へと遷移できます。外国暮らしが長くなり日本語が覚束なくなってきたのでGoogleトレンドで、どの単語が最もしっくりくるのかを調べるのにすごく役立っています。

Yoastの"ヘッダーメニュー"
Yoastの”ヘッダーメニュー”

本来のSEO目的からは離れていますが、便利です。

SEOメニューの方は、設定画面に新しいページを開かずに遷移するので、編集中には殆ど触りません。

投稿後に使うのは「このページを分析する」

記事の投稿後のページでは、上記の2つのメニューに加え、「このページを分析する」の各種メニューが追加されます。

Yoastヘッダーメニュー、記事投稿後
Yoastヘッダーメニュー、記事投稿後

私がよく使うのが、オレンジ部分です。

ブログのカスタマイズ後に、投稿にエラーが出ていないかどうか確認するときに最も便利なのが、「HTML Validator」と「CSS Validator」です。
見た目には崩れていなくても、文法的にはエラーの場合がよくあります(初心者なので)。

新しいプラグインを入れた後に念のため追加で確認するのが、「Google Page Speed Insight」と「モバイル対応テスト」です。この辺りはサーチコンソールでエラーレポートが出ないので、自分で探しに行く必要があります。
※何故か「モバイル対応テスト」だけ、自動でURLをコピーして検索をかけてくれないので、URLをコピーしておく必要があります。

最後に気が向いたら、「構造化データテスト」も試してみます。
これはサーチコンソールにてエラーレポートが出るので必ずしもYoastからテストする必要はありませんが、カスタマイズ直後にパッと確認したいときにはやはり便利です。

唯一残念なのがAMPテストがついていないことです。Yoast Glueを入れたら追加されるのかな?っと期待していたのですが、つきませんでした。笑。

テーマやテンプレートのカスタマイズをしない人にはあまり関係がないかもしれませんが、お便利機能なので、Googleトレンドだけでも試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。