• ブログの「ネタ切れ」対策は、サーチコンソールで! ブログの「ネタ切れ」対策は、サーチコンソールで!私のブログネタのインスピレーションの7割程度が、Googleサーチコンソールの検索クエリです。ネタ切れならお試しあれ。しかも無料でござんす。サーチコンソールでは、どんな「検索キーワード」で自サイトのページが結果表示されたかと、そのクリック件数を見ることができます。
  • 「リア充」はブログなんて書けない 「リア充」はブログなんて書けない「ブログのネタが無くなったと思ったら、リアルが幸せだからだった。」という内容の記事を拝読しました。「リア充かどうかとブログは関係ないよね?」、「いや、そうなのかも?」っと、考えこんでしまいました。
  • 「分かる人には分かる」からの脱却 「分かる人には分かる」からの脱却「分かる人には分かる」というのは事実でありながら、正確な表現ではありません。「分かろうとする人には分かる」からです。そして「分かろうとしない人には分からない」というのが正確な表現となります。マイノリティーに属する人間は、この点、非常に苦労します。
  • 作文のコツ 作文のコツいくつになっても、作文は難しい!作文下手の自分に有効だったコツを書き留めています。書きたくない時、考えがまとまらない時などにこの記事に戻ってきて、解決方法を書き加えています。
  • 「話しかけるように書く」のが難しいので、「音声入力」を使ってみる 「話しかけるように書く」のが難しいので、「音声入力」を使ってみるブログの書き方のコツとして「話しかけるように書く」というのをよく見かけます。但しこれがなかなか難しい。それなら、実際に話せばいいじゃない?っと、「音声入力」をはじめました。日本語の音声認識機能が優秀で驚きました。想定していなかった副産物もあって、おススメ。
  • ブログの校閲・校正は、「音読」が最強! ブログの校閲・校正は、「音読」が最強!ベテラン俳優の吉永小百合さんや西田敏行さんがとうとうと朗読しているようなイメージで「音読」できない記事は、ゴミ。声に出して読むのが億劫な記事は、論外。ただそれだけのシンプルな事ですが「音読」すると、校閲・校正をざっくり網羅出来て、最強です。
  • ネタかぶり、あるあるネタ、鉄板ネタ、定番ネタは、皆兄弟。 ネタかぶり、あるあるネタ、鉄板ネタ、定番ネタは、皆兄弟。ブログの「ネタかぶり」を気に病む記事を見かける度に、まじめだな~っと、感心してしまいます。殆どのアクセスが検索流入で占められている当ブログの視点では、Googleの検索結果なんて、全部「ネタかぶり」です。キーワードサーチで「ネタかぶり」激戦区をわざわざ探して記事を書くほどなのに…
  • 【2019年3月更新】ブログ記事の締めは、謝辞にしたい 【2019年3月更新】ブログ記事の締めは、謝辞にしたい「本日もご視聴ありがとうございました!」っという謝辞を忘れないyoutuberさんを凄く尊敬してしまいます。ライブ配信の後なんて、疲れていて忘れてしまうかもしれないのに、欠かさず謝辞で締めることができるって、本当に凄い。本当に感謝の気持ちを持って行動しているから忘れないんでしょうね。
  • 【2019年3月更新】ブログの「ペルソナ」設定の粒度 【2019年3月更新】ブログの「ペルソナ」設定の粒度収益化で上を目指すなら、ブログ単位。普通なら、カテゴリー単位。好き放題書き散らしたい雑記タイプなら、記事単位で「ペルソナ」を設定するのが最適解。世の中にままある、一見面倒そうに見える方が難易度が低いパターンですな。
  • ワードプレスは「ストック型」、無料ブログは「フロー型」 ワードプレスは「ストック型」、無料ブログは「フロー型」「必要な情報が、必要なときに、有効な状態で、準備できている」記事がストック型。ニュース、フィード、ツイートなど継続的に読者の注目、エンゲージメントを勝ち取るための、「新鮮な情報、頻繁な更新情報」記事が、フロー型。軸足が決まっている方がやりやすいよっという話。
  • 「カテゴリー」と「タグ」の違いと使い分け 「カテゴリー」と「タグ」の違いと使い分けブログの「カテゴリー」では「親→子→孫」の縦断的な階層構造を持ち、「タグ」では階層構造をもたない横断的な記事のグルーピングができます。共通点は、双方ともグループごとにアーカイブページを持ち、関連記事を一覧表示出来る事。
  • 格下扱いされても「雑記ブログ」に徹するワケ 格下扱いされても「雑記ブログ」に徹するワケ「雑記ブログは格下だけど、初心者はブログに慣れるまでは雑記でいい」って? いやいや、そもそも、本格的な収益化を目指していない人が所属しているカテゴリーなので、こっちに来ないでくださいw 私の様に空気を読みすぎて肩身の狭さを感じてしまう愚か者がでてしまいましたよ。
  • 【2019年3月更新】ブログの過去記事のリライト方針と手法 【2019年3月更新】ブログの過去記事のリライト方針と手法当ブログでは、検索需要リライトと巡回リライトの2種類を行なっております。検索需要リライトでは、サーチコンソールの検索パフォーマンス分析で、表示回数を降順ソートし、クリック率が低い記事を修正し、巡回リライトは最終更新日が古い記事を修正します。