“ワードプレス”は正直言って、面倒くさい。でも、”難しい”かと聞かれると言葉に詰まってしまいます。

ブログ村などで人気が出たブロガーさんたちが、収益化をすべく”ワードプレス”へ引っ越して、テンプレートを崩しまくっているのを見て、”ワードプレス”恐るべし、あれはかなり難しそうだ!!!っと思い込み、尻込みしておりましたが、使い始めて3ヶ月ぐらい経った頃、拍子抜けし、一周年を迎えた今、杞憂だったことに胸を撫でおろしております。。

ワードプレス の難所(?)、ドメイン取得、インストール、初期設定、テーマ(テンプレート)選び、記事投稿、固定ページ作成、カスタマイズ・HTML・CSS・PHP、英語、SEO、アクセスがない孤独(?)のそれぞれについて3か月目に書いた所感を、1周年モノに更新しました。

ドメイン取得

私が初期登録時、先月の契約更新時に気を付けたのは、ドメインの所有者の個人情報の保護がサービスに入っているかどうかという点です。

Whois情報代理公開、Whois情報公開代行など、ドメイン登録サービス会社さんによって表現が違いますが、申し込み忘れると実名、登録住所、連絡先などが公開されちゃいますから、ブログを実名ではなくハンドルネームで運用しようとしている人は、要注意カモ。

これは、難しいとは言えないけれど、無料サービスにはないドキドキです。

こういうのは完全なブログ初心者の方が、見落としにくいかもしれません。

レンタルサーバー

これ、難しそうですよね。

私は、日本語のレンタルサーバーのネット情報を読みながら、イギリスでホスティングサービスに申し込んだので、すっごく難しいんじゃないかと心配していたのですが、実際に私がしたことと言えば、契約情報を入力して、お金を払っただけでした。笑。

この他の条件、例えばサーバーのスペック、容量、転送量などについては、無料ブログからの引っ越しのブロガーさんの方が、自分に合ったプランが選べそうですが、ブログ自体が初めてなら「いつでもアップグレード可能」なサービスにしておけば、取り敢えず困らないのではないでしょうか?

私がこだわった部分は、常時SSL通信の環境が整っているという点だけ。技術面の対応が遅い、もしくは敷居・値段が高いホスティングサービスは、後々窮屈になりそうですので、気を付けていました。

ワードプレスのインストール

私の申し込んだウェブホスティングサービスは、無料Appインストールサービス付きでしたので、インストールの難しさについては、まったくわかりません。

選べるAppは、ワードプレスも含め、7種類ぐらいありましたが、どの国でもユーザコミュニティーが大きいワードプレスが一番人気みたいです。

ワードプレスは難しいのか?というお題に対して反則気味の回答かもしれませんが、レンタルサーバーを借りた後、無料インストールサービスがあるとすれば、ワードプレスはその筆頭格。日本にも自動もしくは簡単インストールサービスがホスティング各社から無料で提供されている中で、やり方がわからないのに何もついてないサービスを選ばなくても…っと、思っちゃいます。

私は未だにサーバーやホスティングなどに関する深い知識はありませんが、ちゃんと運営できています。

閑話w

↑は、私の感触では、難しいというより、調べるのが面倒くさいって感じです。もし単にアドセンスをやりたいだけなら(アカウントタイプが特殊だけれど)Bloggerが楽かも。

サイト名やプロフィールなどの初期設定

これは難易度的にはワードプレスも他のサービスも同じことをするなら、同じレベルです。

ワードプレスは、子テーマが作れたり、パーマリンクの設定を選べたり、ファビコンが入れられたり、メディアファイルのサイズ・貼り方が多種だったり、ビジュアルエディターの調整、各種プラグインの投入(特にSEO)など、無料ブログと比べてできることが多すぎて、難しく感じるかもしれません。

でも実際にはね、無料ブログで提供されていないサービスを、自力でやろうとするとかなり難しい事に比べ、簡単なハズですよ。下手すれば規約違反になりかねないし。

人気がでたブロガーさんだと、そもそも「書くことが上手」で、何もしなくてもアクセスを稼げていたのに、ワードプレスで手数が増えちゃうと、かなり面倒臭く感じるかもしれません。

テーマ(=テンプレート)選び

ワードプレスでは、個々のページのテンプレートのセットを「テーマ」と呼んで提供しています。

無料ブログサービスでは、「ブログ」用のテンプレートを中心に提供されているので、選びやすいし、失敗しても程度が知れています。

ただ、ワードプレスは、「ブログ」だけじゃなく、企業のホームページ、eショップサイト、ニュースメディア、アフィリエイトサイト、wikiなどなどなんでも作れちゃいますから、「ブログ」を書きたいなら、それ用のテーマを選ばないと、目的に合わず、取り扱いが「難しい」です。

「収益化」をめざすなら、このテーマ選びのステップは大事!
目的に最も合ったテーマを頑張ってお探しくださいませ!

※私が使っているテーマは収益化向きではありませんのであしからず。

投稿(記事)を書く

これも単に記事を書くだけなら、難易度は他のサービスと同程度です。

ワード感覚で書けるビジュアルエディタがついています。この他、テキストエディタでも、pwautopという段落タグや改行タグを自動で加えてくれる機能が付いているので、他のどのエディタより理にかなった仕様になっていると感じます。

難しいのは、そこじゃないのです。

1つの記事を仕上げるのに、URLを決めたり、抜粋(メタディスクリプション)をつくったり、アイキャッチ画像を入れたり、記事毎にフォーマットを変えられたり、SEOチェックをしたり、FacebookやTwitterへの連携文言を考えたり、やろうと思えば際限なく手をかけられます。自動化しようとすれば、少し知識が必要です。

そういうことをやらなければ、他のサービスと同じ難易度。

閑話2

何をやって、何をやらないか、どこまでやるかを自分で決めるのが、難しい。笑。

Twitterでは、短すぎて思うように伝わらない。
Tumblrでは、コンテンツの管理が思うようにできない。
Facebookでは、過去記事が活かせない。

じゃぁ、ブログがいいね。となって、ブログサービスを探してみた人が、無料ブログの比較ページの最後辺りに「ワードプレスをおススメします!」っと力説しているのを見かけたら悩んじゃいますよね。

できることが多くて便利なので、ブログを育てたい人におススメしたくなる気持ちは分かる!

でも、家から会社までの通勤定期券を買おうとしている人に、全線定期券をおススメしているようなもの。マユツバです。

初心者には「できる事の多さが負担になる」こともあるかもしれません。折角日本はコミュニティーが強い無料ブログサービスが群生している環境なのですから、利用してみるのも一つの手だと思うのですよね~。

固定ページを作る

プライバシーポリシーや記事一覧など、投稿以外の静的ページを固定ページと呼ぶのですが、ワードプレスは標準装備。パーマリンク&スラッグの指定ができ、自由度も高いです。

これは他のブログサービスよりはるかに簡単です。

え?
固定ページ?
何だか面倒くさそう?

使わないという選択肢もアリです。

広告周りの設定

これ、2か月前に始めました!

これも方法がありすぎることが難しいパターンかもしれません。

私は2018年4月現在、Twenty Seventeenを使っていますが、こういう「のほほん」としたテーマで収益化しようとして「難しい」とか言っちゃダメでございます。このテーマを選んだ側が悪い。

ちゃんと専用のテーマを選びさえすれば、スムーズに進むとおもいます。

カスタマイズ、HTML、CSS、PHP

カスタマイズについては、プラグインがたくさんあって、とても便利です!!

ほとんどの事がプラグインでできちゃいます。頼っちゃうのが合理的。

微に入り、細に入り、こだわりのデザインを作りたい!、こだわりの機能をつけたい!!って感じじゃない限り、HTML、CSS、PHPは使う機会がありません。

プラグインが豊富だということ自体が、初心者フレンドリー。

カスタマイズ好きの私は、この点をとても残念に思っています。正直言って、無料ブログの時の方がHTMLやCSSのカスタマイズは難しかった…

ちなみに、HTML、CSS、PHPは、それぞれ1つの言語です。ざっくりいうと、HTMLはページ内容を、CSSはデザインを、PHPは機能を担当しています。

個人的には、3か国語の「基本的な日常会話」を一気に覚えろ!という程度の難しさだと感じました。

英語

ワードプレスは世界中の人に使われているサービスなので、英語が主文で日本語翻訳文がない情報もたくさんあります。

そういう時は、ページ上で右クリックして、日本語に翻訳(T)。Chromeにページ丸ごと翻訳してもらえば、いいじゃん?

難しいと言っている人は、この機能を知らないだけかも…

ワードプレスとSEO

ブログといっても検索流入を想定したストック型と、コミュニティーからの流入を想定したフロー型があって、SEOは、検索エンジン最適化の略ですから、フロー型の人には要らぬもの。

大きなブログコミュニティーを抱えている無料ブログサービスやその他のSNSは、内部でのフローが作り出せることも魅力で、そこを売りにしていますよね。

ワードプレスはサイトが自分の所有だから、SEO対策は自由にできます。専用プラグインがいくつもありますし、作業的には難しくないです。

けれど、初心者ブロガーさんたちが本当に理解した上でストック型のSEOがやりやすいプラットホームを望んでいるのか?
正直、分かりません。

なぞ。

アクセスがない孤独(?)

アメブロ、はてなブログなど、特徴的なコミュニティーからの内部流入があるプラットホームの方が確かに「孤独」ではないかも。

ちがう?
拡散力の方?

うーん。
バズりたいなら、シェアボタンだよね…
「Pocket」、「はてブ」、「Twitter」とかならプラグインを入れればいいし。

昨年「Pocket」は入れると便利かもと思って調べた際、シェア用のプラグインが選びきれないほどあって、便利そうでしたよ。

最後に

私は、ずーっと長い間、ワードプレスは難しいものだと信じて疑わなかったんです。

理由は、よく読んでいるブロガーさんたちが、収益化を目指して続々とワードプレスに変えていき、そして口々に難しいと書いていたことと、何よりテンプレートを崩しまくっていたからです。

実際のところ各種サービスが充実しているので、よっぽど拘りの設定に挑戦しない限り崩れたりしない事がわかりました。往々にして、

ブロガーさんの「完璧主義」がワードプレスを難しいものにしている

感じ。そして、ワードプレスにはそういう人が集まりやすいのかも…

私と同じ様に感じて尻込みしている人がいたら、勿体なさすぎる!
っと感じ、筆をとってみたのでした。

その割には、全体的にあまりおススメしていない感じの内容カモ。

だって、目的にあっていないとレンタルサーバー代がもったいないじゃん?
(↑余計な老婆心↑)

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください