友人に誘われてモンハンワールドを始めて8ヵ月。何度も脱落しては、何度も再開している謎の状況です。

投げ出してしまうのは大抵の場合、欲しい装飾品や鑑定武器のドロップ率の低さにゲンナリなった時。

再開のタイミングは、他のゲームをクリアした時や、モンハンワールドに新モンスターが入った時、youtube配信者さんが楽しそうに遊んでいるのにつられるなど。

イヤなら止めたら?

友人は10年超のベテランハンター。脱落・出戻りハンターの私とは違う。

ドロップ率の低さを歓迎しているわけではないものの、「そんなもんだ」っと受け入れている様子。

ちょっと淋しくなって、共感を求めてドロップ率の低さに不満を持っている記事を探してみたら、「それがイヤなら、止めれば?」とか、「文句言うぐらいなら、止めれば?」というような、正論オンパレード。縮こまってしまいました。

うん。

ごもっとも。

遊びなんだから、ムリに続けなくていいよね。

でも、なんとなく、「楽しいと思えない人は、遊んでくれるな」みたいな感じの響き。

たかがゲーム、されどゲーム。

熱くなれた方が、面白い!

そうは言っても、楽しく遊んでいる人たちにとっては、グチを書かれると不愉快だよね。

分かる気はする。

悪口じゃなくて、弱音なの

もうちょっと遊びたいと思いつつ、ドロップ率の低さがつらくなって脱落を繰り返した私目線では、「心のままにツライという事が許されず、弱音を吐く奴は遊ぶ資格がない」感じがして、敷居の高さを感じてしまいます。

幸いにも私の場合は、しばらく遊んでないと「新しいモンスターの武器と装備が凄くいいよ〜」とか、「新しいモンスター、激ツヨで楽しいよ〜」などと声をかけてくれ、介護してくれる神様のような友人がおり、何度も出戻りしちゃってます。

実際にしばらく止めた後で再開すると面白さが蘇ってきて、またしばらくハマっちゃいます。

学業とか、仕事とか、人間関係とか、世の中には出戻りが効かない事が多すぎて、「イヤなら止めれば」と言われるとなんだかプレッシャーを感じてしまいますけれど、ゲームは何度でも出戻り可能だから、至極もっともで建設的なアドバイスなんですよね〜。

わかっていても感じてしまう言われ得ぬプレッシャー。こういうのを脅迫観念というんでしょうかね〜。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください