「買い物嫌い」→「買わない」→「貯金上手」だったら、どんなに良かったか…

「買い物嫌い」→「パッパと買って失敗」→「ムダ遣い」というのが私のパターン。

以前は「失敗→ムダ遣い」が大した問題ではなかったのですが、早期リタイアを目指し始めてから、すべてのお金が大事になりました。

「買い物好き」の友人の生態観察

買い物嫌いの私は、スーパーで買えないタイプのモノを買うのが、めちゃめちゃ下手。

外に出れば、早く家に帰りたいあまり、テキトーに買って、失敗します。

ネットでは、調べる根気がなくて、テキトーに買って、失敗します。

しょっちゅう買い物に出かけているイメージがある友人の買い物にお供して観察したら、ネットで調べて、店頭に出向いて、しかる後にネットで買っていました。

駅を出たら、入るお店も、見る商品も、既に決まっており、スムーズ。

スマホを見ながら現物を確認し、他の商品も眺め、近くのお店も物色し、買わないで休憩。

「ごめん。ちょっと携帯触るね。」っと、甘い物を頬張りながら、スマホで注文。

なんで、店頭で買わないの?

「買い物上手」の教え

  • ネットで調べるのが面倒なモノは、買わない。
  • ネットでは、自分の好みを探り、相場を把握する。
  • 足を運びたいと思うほどのモノでなければ、買わない。
  • 足を運ぶと「一目ぼれ」する別の商品に出会うことがあるから、足を運ぶ。こういうものは絶対大事にする。
  • その場で買うか、ネットで買うかは、価格やポイントなどの条件次第。
  • 交通費やコーヒー代は、失敗しないための保険料みたいなものだと考える。

と、いいながら、5,000円ぐらいする「スマホケース」を購入し、ご満悦でした。

ついでなので、「気に入るものがなかったら、スマホケース買わないの?」っと聞いたら、はっきり「買わない」と言っていました。

友人の中では「贅沢品」の部類に入るらしいです。

だから、贅沢な値段で買うんだそうです。

満足度が高い買い物は、大事にするし、日々の生活に継続的な小さな満足をもたらしてくれるとのこと。

流石、買い物好き、なにやらフィロソフィーの様なものを持っています。

マネする機会が訪れない「買い物嫌い」

スマホを変えた時に、いい機会だから真似してみよう!っと、挑戦するも、第一ステップの「ネットで調べるのが面倒なものは、買わない」で止まってしまっています。

結果、スマホケースなしの生活が1年ぐらい続いています。

このままではスマホケースが私に「日々の生活に継続的な小さな満足をもたらしてくれる。」日は訪れそうにありません。

先生、これは、どうなんでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください