貯金、節約の鉄板ネタと言えば、お金が貯まる人の財布!

私は用途別にお財布を5つもっているのですが、普段は持ち歩いていません。

お金を払う時はApple Watchで、”Apple Pay”払いをしています。

お財布を持ち歩くのは出張の時だけかな…

新春に買った黒地の財布に5円玉を入れる

新春(張る)に買った黒地(黒字)のお財布が最も縁起が良さそうなので、お財布を買う時はそのようにしています。

何気にその年の5円(ご縁)玉をお種銭として入れていたりもしています。
5円玉が見つからない時は、500円玉の記念硬貨を入れています。

日本人だから、言霊信仰で、ちゃんと縁起を担いでいます。

妙なところで常識派です。

普段はお財布が要らない

イギリスでは、Apple Payで買えないものが思いつかないほど浸透しているので、お財布を持ち歩かなくても困ることはありません。

地下鉄やバス、タクシーなどの公共の交通機関もApple Payで乗り降りできますから、とても便利です。

というか、ロンドンのバスなんて逆に現金で支払えないハズです。

iPhoneでも支払えますが、バッグからの出し入れが不要なApple Watchが便利です。
私はお財布を持ち歩くのが煩わしくなって、お財布目的でApple Watchを購入しました。

(非接触型)コンタクトレスカードもありますが、スキミングされたりするらしいので、起動にパスワードが必要なApple Payの方が安全です。

“Apple Pay”貯金なんて、どう?

Apple Payでの支払いには、1決済£30(=4,500円ぐらい)の上限が設けられている場合が多いです。

普段の生活では1回の支払いが£30を超えることがありません。
むしろ£30以上のモノが即決で買えなくなったので、お買い物をその額以内に抑えようとする気持ちが働きます。

これが、いい感じに節約につながっています。

£30を超える時は、一度帰宅して、ネットで調べて、安いところから買います。
ショップにしかない場合も出直さないと買えないので、衝動買いを抑え、頭を冷やすのに貢献しています。
再度足を運ぶのが面倒になって、買わない事も多々ありますし、
直ぐに行けなくて売り切れちゃっていることもあります。

全く現金を使わなくなってしまったことで、2017年9月に一般流通が開始されたハズの£10紙幣を1か月半が経った今もまだ見たことがありません。

そんなお財布と無縁な状態でも、どうしても鉄板のお財布ネタを書いてみたかったので、果敢に挑戦してみたのでした。

それでは、今夜もまったりとお寛ぎくださいませ。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください