“無料のコーヒー”に釣られてすっかりwaitrose(←イギリスのスーパー)に囲い込まれてしまっているワタクシ。この”無料のコーヒー”のじわじわとしたサービス改悪にちょっとしたジレンマを感じている今日この頃。

最初はwaitroseに立ち寄った人は全員無料で貰えたのに、現在はお買い物をした上で自分でカップを持っていかないと貰えません。

waitroseへの道すがらタンブラーを持参し忘れた事に気づいた時、戻るか?、戻らざるか?、何なら他のスーパーに行くか?の些細すぎる葛藤がなんだかな~って感じです。

starbucks plastic tumbler

waitroseは商品が高い!

これを機に過去記事「“イギリスのスーパー”、高級度ランキング(個人的見解)」を再公開したのですが、waitroseは高級側のスーパーです。

私はセレブでもなんでもないですが、徒歩圏の最寄スーパーだから、近いという理由で大分引き寄せられています。ただ、最安スーパー「Aldi」も徒歩圏にあるので、足を延ばせばお得感(=満足感)でいっぱいになれます。

高級スーパーで買う商品と、激安スーパーで買う商品を、それぞれ買い分ける賢いショッパーになりたいものの、実際のところコーヒーに釣られてwaitroseにしか行きません。

waitrose”無料コーヒー”のサービス変遷

冒頭にも書いたのですが、最初はお店に行くだけで、お買い物しなくてもコーヒーが1杯もらえたんです。紙コップも置いていたので、本当にただ入店するだけでよかったのです。味もおいしく、2杯目はアメリカーノだと£1.9で購入する事が出来るちゃんとした商品レベルのコーヒーです。

しばらくして、お買い物をしたwaitroseカードホルダーだけがコーヒーを貰うことができる仕組みになりました。まぁ、こっちが普通ですよね。コーヒーを貰う行列が少し短くなって、正直言ってこっちの方がいいな…っと思っていました。

今年の夏ごろ、紙コップを置くのを止めて、自分でカップを持参したお買い物済みのwaitroseカードホルダーだけがコーヒーを貰えるようになりました。これでコーヒーを貰う行列がとっても短くなって、いい感じと言えば、いい感じ。

でも、忘れるんですよね~。myタンブラー。

waitroseへ向かう道すがら、カップを忘れちゃったなら、激安スーパーのAldiの方がお財布フレンドリーだよねっと、踵を返したワタクシ。

てくてくと自宅に戻ってカップをバッグに入れて、waitroseへ出直したのでした。

完全に囲い込まれていますな。こりゃ。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください