USBのタイプA端子をタイプC端子に変えるアダプターを購入しました。

イギリスで£14.80でした。

USB C to USB A Adopter

私の頭の中では、Type AをType Cに変換するのですが、イギリスの売り方では「USB-C to USB A adapter」みたいですね。

「結論が先」の英語の概念の影響?

それともITの世界ってそういう発想?

2017年にノートパソコンを買った時に、各社既にType AのUSBポートが激減していることに頭を抱えていたのですが、ノートパソコン側の受け口がどんどん小型化しているのに、ミラーレスカメラや携帯に付属しているケーブルがType-A出力になっていて、すっごく微妙。

私のノートパソコンは、Type Cが2つとType Aが1つ。

唯一のType Aがワイヤレスマウスのピンで埋まっているので、外部デバイスからクラウドを通さないでデータ移管したい場合は、マウスのピンをいちいち取り外すのが面倒でした。

2年間も不便な思いをして、ようやく購入。

ネットでのおススメは、マルチポートのハブだったのですが、荷物を増やしたくないので、ちょろっとしたケーブルを買いました。

私の生活圏ではこれさえあれば、全部解決します。

次のパソコンを買う時は、「全部クラウドでやって」っと、ポート自体が無くなっているかも?

便利なのか、不便なのか、ちょっとよくわかりませんな。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください