何をどう変えたか忘れちゃうので、変更履歴をつける事にしました。

  • 【2019年4月更新】タイルギャラリー「モザイク」が使えない時は… 【2019年4月更新】タイルギャラリー「モザイク」が使えない時は…タイルギャラリーは、お使いになっているテーマがサポートしていないと使えません。加えて、Jetpackの「サイトアクセラレーター」が有効化されるとサポートが始まります。更に、ギャラリーブロックを入れた後、タイルギャラリーに変換する必要があります。面倒ですね。
  • Twentynineteen、文字を小さくする Twentynineteen、文字を小さくするワードプレスの新デフォルトテーマ「Twentynineteen」で最初に面食らうのは、そのフォントサイズの大きさ。基準フォント、ウィジェットフォント、見出しフォントのサイズを調整しました。(飽くまで私の好み)
  • Twentynineteen、ヘッダエリアを調整する Twentynineteen、ヘッダエリアを調整するTwentynineteenのヘッダーエリアを修正しました。サイト名を大きくしたり、ナビゲーションメニューを調整したり、変な区切り線を消したり、最終投稿日を加えたり、パンくずリストを入れたりしています。
  • Gutenbergエディタ、「アイキャッチ画像」どこ行った? Gutenbergエディタ、「アイキャッチ画像」どこ行った?ワードプレステーマ「Twentynineteen」でひときわ目を引くのが、カラーフィルターがかかった画像ファーストビュー。ぜひ活用したいものの、エディタがGutenbergに変わって、設定箇所が行方不明に…
  • Gutenbergエディタの「カバー」ブロック Gutenbergエディタの「カバー」ブロックGutenbergエディタの「カバー」ブロックを使ってホームをデザインしてみました。今回試したのは、カテゴリー記事一覧ページへのランディング。カラムである程度柔軟にテキストブロック、リストブロック、テーブルブロックなどとの複合ブロックを形成できるようです。
  • Twenty Nineteen、「ヘッダーメニュー」が鬼便利! Twenty Nineteen、「ヘッダーメニュー」が鬼便利!ワードプレステーマ「Twenty Nineteen」のヘッダーナビゲーションのメニューバーでは、固定ページ、投稿ページ、カテゴリー、カスタムリンクから好きなページを自由に組み合わせることが出来て、便利!ただ、項目の余白が窮屈だったので、1rem分のマージンを入れてみました。
  • Twentynineteen、巨大なフロント画像を半分にした Twentynineteen、巨大なフロント画像を半分にした「Twenty Nineteen」のフロント画像は、画面の90%を占有するようにデザインされていました。おしゃれですが、個人的にリード文まではファーストビューで読みたいですので、半分ぐらいのサイズに収まるように調整しました。
  • Twenty Nineteen、見出しの余白とFont Awesome Twenty Nineteen、見出しの余白とFont Awesomeワードプレステーマ、Twenty Nineteenの見出しの上部余白が窮屈に感じたので、余白を大きくしました。ついでなので、Font Awesomeのフォントを使って挿し色をつけてみました。H2タグの時だけ既存の設定を上書きしなければならないので、ちょっと面倒くさいかも。
  • 構造化データ「BlogPosting」を更新 構造化データ「BlogPosting」を更新ワードプレス用の「BlogPosting」タイプの 構造化データ(JSON-LD形式)のコードを2年ぶりに更新したのでメモメモ。 機能確認したのは、今のところテーマ「Twenty Nineteen」と「Twenty Seventeen」のみです。あしからず。
  • Twenty Nineteen、ul、olリストのCSS修正 Twenty Nineteen、ul、olリストのCSS修正Twenty Nineteenのリストはキレイに枠内に収まっているようですが、空白が大きすぎるかも。このテーマでは、すべてのブロック間のマージンが32pxとピクセル指定されているので、ulとolだけマージンを狭めても意味がなく、全体的に1.5行分の空白に、ちょっとだけ詰めました。
  • ブログのフォントを最近よく見かける「Yu Gothic」へ変更 ブログのフォントを最近よく見かける「Yu Gothic」へ変更Twenty Nineteen、Twenty Seventeenでフォントを「游ゴシック体」に変更しました。確かに見やすいフォントではあるのですが、何となく、見やすさに拘っているサイトに多く使用されることで、フォントの実力以上により引き立っている感じがしなくもありません。
  • HTML要素、「strong」は重要、「em」は強調、「b」は注目… HTML要素、「strong」は重要、「em」は強調、「b」は注目…strong要素とem要素は、セマンティック(=意味を持つ)な要素なので、素直に用途に従う。b要素とi要素は廃れつつある装飾用の記述なので、出来るだけ避ける。他に読みやすい様にガイドをつけたいときは、太字やイタリックとは異なる属性(class)で、ハイライトなどの装飾を指定する。
  • 画面キャプチャーに自動で「枠線」つける 画面キャプチャーに自動で「枠線」つける写真を掲載する時は「枠線なし」がキレイ。でも画面キャプチャーに「枠線」が欲しい。というわけで、画面キャプチャーを掲載する場合にのみ自動で「枠線」を追加するCSSを書いてみました。前提条件として、画像ファイルを使い分けている必要があります。
  • Twenty Seventeen、「外部リンク」のアイコン自動化 Twenty Seventeen、「外部リンク」のアイコン自動化外部リンクと内部リンクのアイコンが自動つくようにCSSに追記しました。アイコンはFont Awesomeを使用しました。TwentynineteenとTwentyseventeenの両方が同じ構造なので、どちらにも使えます。
  • 待望のテーマ「Twentynineteen」が出たんだけど… 待望のテーマ「Twentynineteen」が出たんだけど…ワードプレスの新しいデフォルトテーマ「Twentynineteen」が出ました!一言でいうと、かっこいい。1カラムのスッキリとしたデザインで、いわゆるミニマル系のおしゃれ。とくに英語版。日本語だと、文字がやたらと大きくて、汎用性はナゾ。

このサイトでご覧になるテーマは変更後の形ですので、元のテーマの感触を知りたい場合には、当ブログテスト環境「Untold Stories」をご参照くださいませ。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください