カテゴリー
Twenty Twenty

Twenty Twenty-8、アドセンスを貼る

Twenty TwentyにGoogleアドセンスの認証コード、AMP自動広告のコードを貼りました。

Twenty TwentyにGoogleアドセンスのコードを貼りました。

私はheader.phpを子テーマにコピーしてコードをコピペしましたが、おそらくプラグインを使う方がベターです。

※No.7までは子テーマは必須ではありませんでしたが、No.8は子テーマを使います。

コードを貼る場所を探す

親テーマの外観 → テーマエディタ

Twenty Twentyアドセンスのコードを貼る場所

まずは、親テーマで<head></head>を持っているphpファイルを探します。

Twenty Twentyの場合は、header.phpがよさそうです。子テーマを作って矢印のところに「認証コード」を貼ります。

子テーマにheader.phpをコピーする

子テーマの作り方がわからない場合は、Googleで「子テーマ+ お使いのサーバー名」で検索すると探せると思います。

私の使っているサーバーでよければ:ワードプレス、子テーマ作成

header.phpを追加で親テーマから子テーマにコピーします。

ヘッダーphpをコピーする

もしかするとfunctions.phpに追記できるのかもしれませんが、まだ書き方を知りませんので、美しい方法ではないかもですが…

ワードプレスに戻ってコードをコピペ

子テーマの外観 → テーマエディタ → header.php

Twenty Twenty アドセンスのコード

上のオレンジ矢印のところにアドセンスの認証コード(ピンク色枠内)とAMP自動広告のコード(水色枠内)を貼ります。

私は全て自動広告にしているので、これだけ。

コードはご自分のアドセンス管理画面にてコピーしてください。

ピンク枠内の余分な記述は、私の好みで「記事だけ」かつ「ログインしていない人のアクセス」の時だけ広告を表示することで、自分がプレビューなどを見る時は広告が表示されないようにするためのコードです。

興味があれば:「ログイン中は、アドセンスを非表示」をどうぞ。

因みに私はサーチコンソールやアナリティクスの認証コードもピンク枠内と同じ場所に貼っています。

作成者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください