ワードプレス、”Toggle wpautop”で記事毎に自動整形を切り替え

ワードプレスの自動整形のオンオフを記事ごとに切り替えられるプラグイン、”Toggle wpautop”をインストールしました。

ワードプレスには、自動整形(wpautop)の機能がついており、2回改行(brタグ)が入ると、段落(pタグ)に置き換えてくれます。何も知らなくてもbrタグとpタグを正しく使えるようになる、とても便利な機能です。しかし、自分でHTMLタグを書き込みたい人には、邪魔臭い機能です。

この他に、プラグインを使わずfunctions.phpにて自動整形(wpautop)を無効化する方法もありますが、これは全てのページに適用されますので、ブログを起こしたてならいいかもしれませんが、途中から切り替えたい人は使いづらい方法です。

改行タグ<br>と段落タグ<p>の違い

改行タグ<br>は、内容はつながっているが、行を変えたい時に使うHTMLタグです。一方、段落タグ<p>は、段落の区切り(文の塊の区切り)を示します。

(これに限った事ではありませんが、)それぞれのタグが表す意味が違うので、用途によって使い分けることが理想的です。詳しくは関連記事「改行タグ(br要素)ではなく、”段落タグ”(p要素)を使おう!」をご参照ください。

ユーザが無意識に記事を書いても自動的に改行と段落の違いを支援するワードプレス特有の機能が、自動整形(wpautop)です。FC2、Blogger、Seesaaなどの他のブログのエディタではサポートできていませんでした。他のブログでは段落タグ<p>の概念が存在していませんでした。

自動整形(wpautop)とは

ワードプレスの標準のエディタは「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」の2種類があります。

ビジュアルエディタでは、Enterキーで段落タグ<p>(余白を設けて改行)、Shift+Enterキーで改行タグ<br>(すぐ次の行)が入ります。

テキストエディタでは、Enterキー2回段落タグ<p>、Enterキー1回で改行タグ<br>が入ります。

どちらも、管理画面で行間に余白がある場合は段落の変更(記述内容が変わる)、行間に余白なく次の行の頭に移動した場合は、内容は前後で関係していることを示します。

素晴らしい機能なのに…
このwpautopを使いたくない場合、プラグインとfunctions.phpへの記述の2種類が考えられますが、私は両方使って、最終的にプラグインをおススメします。

プラグイン、”Toggle wpautop”で自動整形をオンオフ

Toggleは、トグルスイッチのことなので、照明のオンオフを切り替えるかのように、自動整形のオンオフ切り替えるプラグインです。”Toggle wpautop”って、そのまんまなネーミングですね。英語勢、ウケル。

“Toggle wpautop”の設定

"Toggle wpautop"の設定画面
Toggle wpautopの設定画面

このプラグインをインストールすると、設定→投稿設定→”Toggle pwautop”にて、2行目以降で選択した文書タイプのデフォルト設定を決められます。設定場所がちょっとわかりにくいです。

また、2行目以降にフラグが刺さっている文書タイプでは、個別ページの管理画面でオンオフを個別に設定することができるようになります。

Toggle pwautop 投稿切り替え
投稿画面での自動整形のオンオフ切り替え

切り替えは、チェックフラグを外すと自動改行がオン、チェックフラグが刺さっていると自動改行がオフです。

詳しくは、”プラグインページ「Toggle wpautop」“をご参照ください。

プラグインか?、functions.phpか?

(個人的に大事なのは)ワードプレスモバイルアプリで記事を下書きすると、pwautopが有効な状態でブラウザー版に受け渡しされますので、デフォルト設定でpwautopを有効化しておけば、モバイルだけで記事を完成することができます。デスクトップでの編集が必要な記事は、パソコンで操作している時にpwautopの無効化します。

(個人的に失敗したなと思っているのは、)このブログは、functions.phpでpwautopを無効化して記事を書いてきたのですが、モバイルアプリで記事が完成できないことがとても不便で、もとに戻したくて途方に暮れています。笑。

プラグインを使いたくない場合は…

remove_filter( ‘the_content’, ‘wpautop’ );
remove_filter( ‘the_excerpt’, ‘wpautop’ );

上記のコードを、functions.phpに追記します。このブログは、2017年6月17日現在、この方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。