「貯金が趣味」な知人2人が共通で「やっていること」をマネするのはしんどいので、「しないこと」をマネしてみようと7つのポイントを並べてみました。

サンプル数が少ないのですが、ずけずけ聞けるような知人は多くないので、仕方がありません。

「貯金が趣味」な人がしない事

  1. 「貯金目的」は決めない
  2. お金は「率」で考えない
  3. 「家計簿」はつけない
  4. 「積み立て」はしない
  5. 複数口座に分けない
  6. つもり貯金なんてしない
  7. 切り詰めない

私が意外だった項目から、並べています。

貯金目的は決めない

貯金好きは、お金が貯まるのが楽しいので、お金は貯めるだけで使いません。したがって、貯金の目的なんて存在しないらしいです。

ぽかーん。っと、なりました。

言われてみれば、そうですね。

旅行代を貯めて、使ってしまったら、貯金がなくなってしまいますから…

敢えて言うなら、「貯金」が貯金目的ですね。

お金は「率」で考えない

お金持ちになればなるほど、「率」で考えるようになるというイメージを持っていました。

利回りとか、貯蓄率とか。

貯金が趣味な2人の関心事は「額」のみ!

たとえば貯蓄率が50%、60%っと言ってもピンとこない、「10万円」とか、「12万円」とか、ハッキリ額で見ると実感が湧いて楽しいよね?って言っていました。

ふむふむ。

家計簿はつけない

2人とも家計簿をつけていませんでした。

一人は常に通帳を持ち歩いていて、銀行から引き出す度に通帳に残額を更新していました。(現金派)

一回当たり引き出す金額は5千円~1万円。
細々降ろすのがケチケチして好きらしいです。

通帳が家計簿代わりなので、つける意味がないようです。

もう一人は毎月引き出す額を決めていて、それ以上は使わないから家計簿は要らないそうです。(これまた現金派)

この人は逆にサバイバルを楽しむ方で、ある時1年分の家計予算を一括で降ろしてサバイバルしたら、結構余ったそうです。

1年分の現金を家に置いておくのが嫌で、止めたらしいですケド。

「積み立て」をしない

2人とも積立には全く興味なし。

一気に預金残高が減るとショックだから、車を買うなどの大きな出金の予定があれば、その分は別の口座に少しずつ積み立てておくかもね?、とのこと。

複数口座に分けない

なんとなく、貯金好きって、一千万円ずつに口座を分けて分散させてそうだと思っていたのですが、そうでもないんですね。

2人とも口座を分けず、資産を一点集中させていました。

とにかく「預金残高が増えるのが楽しい」の一言。そこまで徹底してるんだ!っと驚いたというか、あきれたというか…

二人とも通帳派で、ペーパレスにしていない模様。

ペーパレスにすると、ちょっとお得だけど、通帳を見て達成感に顔がほころぶ娯楽がなくなるのは嫌らしい。

オンラインで確認するのではダメなんでしょうね。

本を紙で読みたいに近い感覚でしょうか?

「つもり貯金」なんてしない

というか、2人とも「つもり貯金」を知りませんでした。

関連記事「“欲しいものは、買ってますよ”は、貯金上級者の合言葉」でも書いた通り、欲しいものは買っているらしく、「つもり」は要らないそうです。

切り詰めない

「切り詰めなくてもお金は貯まるから…」って、感じの反応なのですが、大いに疑わしい。

自覚なく切り詰めているハズ。

「切り詰める」というのは、飽くまで主観なんだな…っと気付かされました。

本人がつらいと思っていないことが大事なんですね。

私が仕事は楽しいと思っているのと同じように…(←)

考え方が違う

いかがでしたでしょうか?

私はこの2人のことが好きなので、素直に凄いな~っと感心しました。

けれど、「しないこと」も「やっていること」同様にマネするのはなかなか難しそうだと感じました。

読んで「あるある!」と思った方は、貯金の才能があるのでは?

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください