「鉄観音」は、日本でも知っている人をお見かけします。

日本人が中国でお茶を買って帰る時、人気No.1は杭州の龍井茶(緑茶)みたいですね。もしくは中国人がお土産に準備するお茶No.1です。

安渓の鉄観音(青茶)は、No.2に入れるのかわかりませんが、認知度は高めだと思います。

鉄観音、包装

Tie guan yin pack

鉄観音はたいていの場合、減圧封緘されています。

袋は、500G、250Gの大きいものもありますが、上の写真は、1回分の小包装です。お茶屋のおばちゃんのおススメで一袋8Gです。

私は鉄観音を飲みすぎると夜眠れなくなるので、一回につき半分使います。

コーヒーはいくら飲んでもぐーすか寝るのですが、何故かこのお茶には眠れなくなります。

鉄観音、抽出前、干茶

Tie guan yin dry

これは8Gです。

お茶請けのピスタチオと共に写すと結構な量であることがわかりますよね。

お湯を注ぐと広がって嵩張るので、中国工夫茶用の小さめの急須では、お湯が入らなくなります…

磁器の蓋碗でいれるといいらしいです。青茶なので半発酵の区分に入るのですが、割とフレッシュな緑色を残しているお茶です。

鉄観音、水色、茶湯

Tie guan yin water

100度のお湯で、1-3分なんて書いていますが、(私は)3分もつけておくと間違いなく眠れなくなります。

それに渋みも出始めます。基本的にあっさりと爽やかなお茶なので、私は青臭さを楽しんでいます。あっさりとしていて、色が薄くても、味はしっかり出るので、つけすぎて渋みがでちゃうとちょっと残念です。

抽出はせいぜい30秒ぐらいにしています。
大体5~6回ぐらい抽出できます。

鉄観音、抽出後、葉底

Tie guan yin after extraction

しわしわを伸ばしていたら、いくつか葉を破れてしまったので、諦めてしわしわのまま写しました。

明るい緑色~くすんだ緑色までバラエティーに富んでいます。

長さは5cm。

この写真だと、わかめみたいにみずみずしい緑色に見えますね。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください