ハンガー・ゲーム、レビュー【ネタバレなし】

4.0

『ダイバージェント』、『メイズランナー』、『トワイライト』などの「Young Adult」系の作品群の中で、個人的に最も好きなのがこの『ハンガー・ゲーム』です。

残念ながら日本ではあまり人気がなかったようですね。

4作品で完結するシリーズ作品の第1作目のレビューです。

基本情報

原題The Hunger Games
邦題ハンガー・ゲーム
タイプSF
公開日2012年3月23日
監督ゲイリー・ロス
脚本ビリー・レイ
スーザン・コリンズ
ゲイリー・ロス
原作者スーザン・コリンズ
おすすめ度4.0 (1~5点)

トレーラー

映画『ハンガー・ゲーム』第1弾予告編映像

あらすじ

独裁国家パネムでは、反乱の罰として、毎年1回、12の地区から男女1名ずつの代表を選出し、たった一人の生き残りをかけて戦わせる「ハンガーゲーム」が開催されるようになった。

74回目の代表選出日「刈り入れの日」に、幼い妹プリムが選ばれてしまい、身代わりで出場を志願したカットニス・エバディーン。

同じ第12地区から選出されたピータと共に首都キャピトル入りをした2人は、第12地区とキャピトルの間の貧富の差に愕然とする。

脚本、世界観

作品の原作は、スーザン・コリンズ。ティーネージャーを喜ばせるキャッキャした内容だけではなく、帝王学的だったり、社会的な内容も含まれているため、物語に深みがあります。作家が脚本にも参加しているので、その辺りの世界観も存分に表現されたと思いたい。

キャピトルはとにかく荘厳でゴージャス。カットニスたちの出身地である第12地区は、貧乏で質素。景観や人々の対比から世界観がビシビシ伝わってきます。

登場人物

主人公カットニス役の何を演じてもハマっているジェニファー・ローレンス。ピータ役のジョシュ・ハッチャーソンも、地味で平和主義で優しすぎる絶対勝てなさそうな好青年を好演してました。

目を引くのが脇役たちで、メンターのヘイミッチ役のウディ・ハレルソンが飲んだくれのダメ男。案内役のエフィー役のエリザベス・バンクスが、見ために命を懸けている薄っぺらいキャピトル人。思慮深いデザイナーのシナ役にレニー・クラヴィッツ。スノー大統領役にドナルド・サザーランド。

ストーリーが進むにつれて、徐々にそれぞれが見た目以上の深みを見せてくれるのも素晴らしい。

アクション

12人が生き残りをかけた戦いそのものが映画のタイトルになっているようにアクションは満載です。様々な武器を使用したバトルにとどまらず、サバイバル、知恵を使ってギミックを発動させたり、人情に訴えたり、多彩です。

映像美

映像のクリアさに加えて、自然、建造物、設備、コスチューム、ヘアスタイル、メイクなどのデザインも凝っていました。

音楽

パネムのテーマというか、キャピトル周りの荘厳なテーマが繰り返し使われていたので強く印象に残っていますが、主人公たちがあまり喋らない時間も長い映画なので、自然の中の和風だったり、中華風だったりメロディーがあるBGMがよく合っていました。

感想

2時間半ぐらいある長編作品なのですが、毎回、見入っている間に終わっちゃう良作です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました