ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス、レビュー【ネタバレなし】

4.0

映画版「ハンガーゲーム」の4作品の内、3つ目の作品です。ヒロインのカットニスは反乱軍、恋人のピータは正規軍と離れ離れになった状態で、キャピトルへの本格的な反乱が始まります。

より政治的&帝王学的な色が強まって、大人っぽい内容になっていました。

ネタバレが読みたい人は、最終話にまとめて書いておきましたので、こちらをどうぞ↓

基本情報

原題The Hunger Games: Mockingjay – Part 1
邦題ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス
タイプSF
公開日2014年11月21日
監督フランシス・ローレンス
脚本ダニー・ストロング
ピーター・クレイグ
原作者スーザン・コリンズ
おすすめ度5 (1~5点)

トレーラー

『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』予告篇

あらすじ

独裁国家パネムで反乱の目を摘むために行われる12の地区の代表によるサバイバルゲーム、ハンガーゲーム。過去の勝者を集めて行われた第75周年記念大会で反乱がおこり、国家軍が壊滅に追いやった第13地区へ集結する。

74回大会の異例のペア勝者のカットニスは革命軍、ピータは国家軍の広告塔として利用される。また、フィニックの恋人アニー、ジョアンナもキャピトルに囚われており、カットニスは仲間を救出するために奔走する。

脚本、世界観

脚本家がまた変わった…っとガッカリしたものの、違和感なく鑑賞できる仕上がりでした。

ティーンエージャーのバトルロワイアルだった1作目、失意の底で大人たちも巻き込んだ反乱の炎を育てた2作目で築かれた煌びやかで強大なキャピトルと素朴で弱い12地区が好対比を見せた世界観。ここに本3作目で、第13地区という軍事力を持つ地区が復活し、キャピトルに対抗することが出来るようになった、ダイナミックで深みのある世界観になりました。

登場人物

第1作、第2作の大変贅沢なキャストに、アルマ・コイン大統領役のジュリアン・ムーアとボッグス将軍役のマハーシャラ・アリとそのクルーなどの第13地区メンバー、第8地区のペイラー指揮官、キャピトルからのプロモチームが加わり、更に人数が膨れ上がりました。

それでもストーリー・脚本でしっかり役割付けをしているので、大人数でも混乱なく鑑賞できるようになっていたし、キャピトル人のポーラックスやクレシダなどの好感度の高さに感心しました。

アクション、笑い

今作でもアクションがいっぱいあるのですが、魅せるアクションよりも、ストーリーを伝えるアクションが多くて、前2作よりも地味に感じました。

夜間や雨天などは、GCIを誤魔化すためにわざと粗が分かりにくくしているのかもしれませんが、見づらいシーンが増えた印象です。

後は、プリムと猫のシーンのようになかった方がよいアクションシーンが増えたかな。

映像美

キャピトルの施設などCGIはこれまで同様に世界の表現に大きく貢献しているのですが、暗い世界だし、色や装飾など全体的に地味でした。

感想

前2作と比べて、はるかに暗くて地味で「楽しさ」が少ない作品でしたが、キャラクターの成長、キャラクター間の絆を深める大事な作品でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました