ハンガー・ゲーム2 、レビュー【ネタバレなし】

4.5

映画版『ハンガー・ゲーム』4作品中で、個人的に最も好きなのが、この第2作 (Catching Fire)です。民衆の心が動いていく様子も、心が動いた理由も、丁寧に描かれています。目を楽しませる煌びやかさも残っていて、ギミックもアクションも豪華です。

他のヤングアダルト作品では長ったらしくて「早送り」していることが多いラブのシーンも、カットニスとピータの絆が強くなっていくにつれ、じわじわ刺さり、目が離せません。

ネタバレが見たい人は、最終話にまとめて書いておきましたので、こちらをどうぞ↓

基本情報

原題The Hunger Games: Catching Fire
邦題ハンガー・ゲーム2
タイプSF
公開日2013年11月22日
監督フランシス・ローレンス
脚本サイモン・ボーファイ
マイケル・アーント
原作者スーザン・コリンズ
おすすめ度4.5 (1~5点)

トレーラー

『ハンガー・ゲーム2』予告編

あらすじ

独裁国家パネムで毎年行われる12の地区のサバイバルゲーム「ハンガー・ゲーム」。第74回の勝者カットニスとピータの勝利で、ゲームに収まらない反乱と革命の火がともってしまう。スノー大統領はカットニスを訪ね、戦争を防ぐためにカットニスとピータの幸せアピールとキャピトルへの感謝表現で、凱旋ツアー中に反乱要因を消火することを約束させるが、事態は悪化する。

この罰の為に、これまでの「ハンガー・ゲーム」の勝者24人による記念大会の開催がスノー大統領より発表される。

脚本、世界観

前作で脚本に参加していた原作者のスーザン・コリンズはいないし、脚本家も変わってしまっていましたが、そんな事を気付かせないしっかりした脚本でした。

エキセントリックで豪華なキャピトルと貧乏で質素なその他のエリアの対比が相変わらず印象的です。他のヤングアダルト系の作品にはない「ド派手さ」で、貧富の差の象徴とはいえ、見とれちゃいます。

登場人物

前作の豪華メンバーに更に強力な追加メンバが多く参加し、更に豪華になりました。ゲームメーカーのヘブンズビー役にフィリップ・ホフマンを筆頭に、フィニック、ジョアンナ、ビーティ、マグスなどなど。

前作よりも他の参加者の個性や特技などがより活かされた見ごたえのある内容になっていましたし、更にチーム戦が要素が増えていたのも好感です。

アクション、笑い

ゲーム内のギミックやアクションだけではなく、ゲーム外での暴動や、迫害などのシーンも、ショッキングで強い印象を残します。

前作では、ピータの母親がカットニスを指して「第12地区からも勝者がでるかもしれない」とピータに言った理由がよくわからなかったものの、今回は、なるほどカットニスは強そうだと思えるアクションを披露してくれました。

映像美

脚本家だけではなく、監督も前作から変わったのですが、この監督は、太陽光や暖炉の光などの光の使い方に工夫が感じられました。

音楽

『ハンガー・ゲーム』シリーズ4作品を通して、同じ音楽家(ジェームズ・ニュートン・ハワード)が担当しているのもいいのかもしれません。前作よりも切ないトーンが多く、ストーリー全体の雰囲気をよく伝えていました。

感想

涙なしには見れないというとチープな感じがして嫌いですが、まさかヤングアダルト系の作品にここまで感情移入するとは、自分でも意外でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました