早期リタイアブロガーにしても、貯金・節約ブロガーにしても、生活上手すぎて、「40代の早期リタイアに『1億円』も要らないでしょ?」って雰囲気です。

読めば読むほど混乱するというのが正直なところです。

40代といっても、40才なのか49才なのかで結構違うし。

ずっと日本に住んでいないので、どう精査してよいものやら、よくわかりません。

リアルの周囲の人たちは、年間200万円でも苦しいぐらいと言っているので、50年で最低1億円は必要ってことになりそうなんですよね…

40才で早期リタイア、必要額「1億円」の用途別内訳

下記が、貯金目標金額の内訳です。

費目 金額(万円) 注記
老後資金(60~90才)(不足金) 1,500 早期リタイアせず、平均的な「社会保障給付金」を受け取ったとしても必要になる「不足分」
老後資金(60~90才)(年金代替分) 4,000 早期リタイアした場合、「社会保障給付金」が少ない分の補てん分
葬儀代・法事代 500 弟家族、果ては甥っ子に迷惑をかけない様に準備。
早期リタイア生活費(40~60才) 4,000 40才で衝動的に止めてしまったら必要になる生活費。年200万円x20年

年間支出200万円として、90歳まで生きたら50年ちょっと。
家族に迷惑をかけないような金額だと下記の様になります。

年間支出が200万円というのは、あまり余裕がないらしいです。

節約のエキスパートの参考値だと、自分にはハードルが高すぎるので、平均的な数字を調べて「日本人の平均的な”老後資金”は1,300万円」を書きました。

そこで不思議に思ったのですが、この平均の「住居費」って、単身で12,380円/月、夫婦で14,740円/月ぐらい。

少なすぎない?

ローンが終わった家の維持費?

非消費支出も少なすぎるし、私の目から見て現実的ではない数字なので、これは参考にしてよいかわからないとこが怖いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください