(お金はあまりかからないけど)人に言えない趣味

凄腕貯金ブロガーさんたちが、”お金がかからない趣味”について熱く語っているのを拝読して、どっきーんっとなりました。毎月の趣味支出を把握しておらず、Myお金がかかる趣味ランキングを作ったところ、お金がかからない趣味がいくつか見つかりましたが、残念ながらそれらは大っぴらに話ができるような趣味ではありませんでした…

“生活防衛資金”の4パターン(3か月~5年分)

"生活防衛資金"とは、いざという時のために備えておく、流動性が高く、無リスクの資産です。急な病気、けが、失業、災害などへの備えですが、準備する金額は、緊急費(3か月分)、失業、長期療養など(半年~1年分)、リスク資産の損失確定回避(2年分)などなど、それぞれのお宅の考え方によって、バラついています。

貯金下手は家にゴミを溜め込んでいる。スリムな家計からは、スリムなゴミ。

貯金を始めてから、「在宅時」のゴミが増えました。 スリムな家計からは、"スリムなゴミ"しかでないハズなのに… ま、捨てられないなりに、頑張って断捨離に取り組んでいたから、ゴミが多かっただけなのですけどね。ゴミ捨て場に運ぶ度に、こんなにたくさんのゴミを溜め込んでいたんだな~っと薄ら寒い思いをしました。

「お金で解決する習慣」がつきそうで嫌な”罰金貯金”

罰金貯金とは、家族に直してもらいたい癖などがある場合、その行動をとったら貯金箱に規定の罰金を入れるという、ごくシンプルな貯金法です。 しかし、"罰金貯金"ほど一人暮らしに向かない貯金術は、他に思いつきません。 かといって、和気あいあいとした仲良し家族にも向かない気がします。

“安物買いの銭失い”の達人。最低ランクの家具に囲まれて13年…

そろそろ「惑わず」突入なのに、未だに家具は最低レベル。貯金・節約上手さんたちは、コスパ重視で、数年後に買い替える想定で敢えて耐久性が低いモノを購入したりしているのを見かけますが、安物家具の熟練経験者視点では、家具だけは「それなりのモノ」を買ったほうがいい。