新米ブロガー、映画のような「記事タイトル」がこっぱずかしい

ブログを始めてとても新鮮だったのは、日記に「タイトル」をつける事です。「ゲームのタイトル」や「映画のタイトル」みたいな「タイトル」が、自分の日記に毎日必要になります。2年続けた結果、自分の毎日がカラフルになったような錯覚を抱いています。

ブログを始めてから③「不幸」が「ネタ」に昇華する

愚痴って「喋る」と増幅され、「書く」とバカバカしくなる不思議なもの。状況が出来るだけ分かりやすいようにと状況・背景説明に苦心したり、感情が上手く伝わるように言葉を捻りだしている自分が滑稽にすら思えてきます。後から読んだら笑い話でしかないこともあるし。