ついにシーズン2の最終回!残るレッドシグナルは後2つ。さぁ、どう締めてくるんでしょうね。

スタートレック:ディスカバリー、シーズン2、エピソード14のレビューです。

過去作、本作のネタバレを含みますのでご注意ください。

エンタプライズとディスカバリーのチームワーク

サイエンス班がタイムトラベルスーツを準備している間、キャプテンパイク率いるエンタプライズとサルー率いるディスカバリーは「In English, please?」とかいうレベルで連携しながら、防御に専念。No.1、かっこいい~。

何か叡智を授けてっとティリーに言われた、ケルピアン人のサルーは、孫氏の兵法を引用して、テラン人に驚かれていました。

Be extremely subtle, even to the point of formlessness. Be extremely mysterious, even to the point of soundlessness. Thereby you can be the director of your opponents’ fate.

これは、計編の「兵とは詭道なり」かな。

どっか行っちゃっていた天才ザヒア女王ポーがシャトルを乗っ取り敵のフリートに猛突進しながら、エンタプライズメンバーにドローンの倒し方を教示。

「シャトルを盗んでも、私、外交特権で免除されること、言っとくわね。」って、女王陛下ばんざーい!

スーツは完成するも、スタメッツが重症に!!!

OMG、スタメッツを殺さないで~。

さようならマイケル!って、マダだった

マイケルがワームホールを作る安全地帯に移動する準備が整い、スポックと手を重ね合わせて合わせて「Live long and prosper」のサイン。

よよよ。

マイケルが移動するためにシールドを解いたので、リーランドがアーカイブデータを取得するために入ってきちゃいました。ジョルジオ元皇帝とのバトルの予感!

安全地帯についたマイケルがグズグズしている間に、不発のフォトントルピードが、エンタプライズにぶっ刺さります。

「この光景見たわ」っとパニックになるマイケルと苦戦するエンタプライズ&ディスカバリー。

協力者たちの登場!

シールドの限界が徐々に下がっていく中、突然現れるクリンゴンの巨大クリーブシップ、迫力の登場。

うぉーん。

ラレルとアッシュ夫妻の登場。相変わらず不細工なクリンゴンだけど、もういいわ。

そしてもう一軍。かつてケルピアンを管理支配していたバウーの攻撃シップで現れたサルーの妹。

「安全に戦うと約束して」っというサルーに、「ケルピアンとして戦うことを約束するわ」と返す妹。

そして、彼女の呼びかけは、「Worriers of Kaminar」から始まる、「ケルピアン&バウー」の和合を示唆していて、またもや、号泣。

ベッタベタな方が、泣けるよね、こういうの。

ちょろいわ。私。

セカンドシリーズに出てきた、クリンゴン、カミナー、ザヒアが揃い踏み。

そしてもういっちょ。待っていました。スタメッツとヒューの復縁。

重傷を負ってシックベイに運ばれたスタメッツを治療するヒュー。「エンタプライズに移籍したんだけど、そこでスタメッツが僕の家なんだって、わかったんだ。時間がかかってごめんね。」っと、もうろうとしたスタメッツに語りかけるヒュー。

もう死ねないよ。スタメッツ!頑張れ!

6つ目のシグナル

まだワタワタしているマイケルに、7つのシグナルがこの協力、和合を起こしたんだと伝えるスポック。過去の5つのシグナルの場所にワープするマイケル。

おぉ。見事な伏線回収ですね。

んで、今回の山場、マイケルのタイムトラベル。スタートレックでは異色な雰囲気の音楽がまた、特別感を醸していて素敵でした。マイケルが5つのシグナルを移動している間…

帰って来たマイケルは、お母さんがいる930年後にジャンプしようとしますが、ディスカバリーは感知できないということで、第6のシグナル誕生。

リーランドと素敵女子たち

めっちゃかっこいいリーランドと女子二人のスペース肉弾戦が繰り広げられてました。重力の調整が変わるたびに戦いの面が変わって、最近のSFって感じ。

テラン皇帝ジョルジオのオトモ女子は、エリアムを宇宙に吐き出したバトル系のコマンダー、ナーンさん。

この人とジョルジオ皇帝との掛け合いの中で、最後の最後にキャラを描いてもらって、好感度高し。

クリンゴンのラレルのシーンも好きでした。攻撃されて頭から血を流しながらも、どーんと男前に指揮を執るかっこいいクリンゴンでした。

そして、アドミラルコーンウォールとの別れ。本人自体は良いアドミラルっぽいのに、トラブルばかり運んでくるこのお方、ぶっ刺さったフォトントルピードによる被害を最小限に抑えるため、自己犠牲を払うのですが、最後にスターフリートの直立ポーズで潔く逝きました。

キャプテンパイクが自分の船だからと、自分が犠牲になることを申し出た後、「あなたの物語はここでは終わらないって、知っているでしょ。あなたは絶対乗り越えられるわ。」っと激励を送り、キャプテンパイクは再度覚悟を決めてブリッジに戻ります。

マイケル・スポック姉弟の別れ

ここから涙のマイケル・スポック姉弟の感動の別れ。「第7のシグナルは私たちの無事を伝えるために発信するわ。」っと旅立つマイケル。

ここまで眉をひそめる苦痛顔が鉄板だったマイケルですが、マスクで眉が隠れていたのがよかったのか、普通に弟との別れを惜しんで号泣しているお姉ちゃんの姿でこちらはもっと号泣しておりました。

バルカン語で何かいったスポックに、英語で「I love you, too, brother.」と返し、スポックはエンタプライズにトランスポートされ、マイケルは旅立ちます。

フィナーレ

ここで、リーランドことControlにも終わりが訪れます。ジョルジオにスポアブースにおびき寄せられ、閉じ込められ、そして磁気攻撃によりナノプローブがリーランドから零れ落ちて終了。

取り込まれるときに「Never」っとか、抵抗を示していた中の人(人間の方のリーランド)がちょっとぐらい顔を出すかと思いきや、あっさり終了でした。

そしてマイケルの第6のシグナルに促され、マイケルとディスカバリーはワームホールの反対側へ旅立ちます。

最後は、スタートレック鉄板のフィナーレ、惑星連邦本部。

キャプテンパイク、No.1、スポック、アッシュが諮問を受けます。

Discoveryは爆破して砕け散ったと口裏を合わせます。マイケルを守るため(?)

アッシュはセクション31のヘッドに就任し、これが私たちがよく知っている秘密組織の色濃い彼らの姿に変わっていくことが伺えます。

スポックは、今回の様な事が繰り返されないように、Discoveryのアーカイブデータの存在、タイムトラベルスーツの存在について、今後セクション31やコントロールのような脅威が現れない様に、ディスカバリーの存在、スポアドライブの存在、クルーに関して箝口令を敷くことを提案し、これが、スポックが妹の存在をひた隠しにしていた理由に繋がりますね。

そして、細かいことだけど、もう2点。スポックが決意を固め、ヒゲを剃ってバルカンヘアーに変えて、スターフリートのバッジをつけたことを祝うかの様に、7つ目のシグナルが現れます。

オリジナルシリーズで、キャプテンカークたちがミラーユニバースに飛ばされた時、並行世界のスポックはお髭さんだったことをウフーラに指摘されます。第8話でマイケルにヒゲについて指摘された時に、あ~、彼女の影響でヒゲなしになるのね…って感じだったのですが、このタイミングで出してくるとは、絶妙ですね。

ジョルジオ皇帝の並行世界にもマイケルはいませんし、カーク船長が訪れた並行世界にもマイケルの影響はなかったため、スポックはヒゲを剃り損ねた、と。

No.1に2度見されてて、バカ受け。キャプテンパイクのちょっとにやけた表情も、このチームの中の関係の良さを象徴するようで、素敵でした。

そしてスポックは、新しい定位置、キャプテンの左側のステーションにつくんですね。おぉ!

最後のナレーションのスポックがパーソナルログに残した「決意」が凄くしっくりきて好きでした。

正直言って第1シリーズのマイケルの「回想」は、悶々として複雑な気分になりましたから。

It may not be logical, but I am proud to bear it.

若スポックはヒゲの方が好きだな。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください