カテゴリー
ブログのウラ側

サブドメイン vs サブディレクトリに関するメモ

旧来のSEO都市伝説では、「サブドメインはルートドメインの評価を引き継がない独立したサイトだから、ルートドメインの恩恵を得たいならサブディレクトリの方がいい。」 最近のSEO都市伝説では、「サブドメイン、サブディレクトリでは、SEO的な優劣はない。」という風潮。

旧来のSEO都市伝説では、

サブドメインはルートドメインの評価を引き継がない独立したサイトだから、ルートドメインの恩恵を得たいならサブディレクトリの方がいい。

最近のSEO都市伝説では、

サブドメイン、サブディレクトリでは、SEO的な優劣はない。

という風潮。

潮流のターニングポイントは恐らく↓

皆これを貼っているから、私も真似してみました。

あはは。

サブドメインとサブディレクトリの違い

当ブログのホームでいうと「noronoron.com」の「.com」がトップレベルドメイン(TLD)で、その下層に「noronoron」がルートドメインがあります。

トップレベルドメインは、「.com」や「.jp」など大まかなウェブの種別を示すドメイン。

ルートドメインは、サイト固有値の一番根っこの階層で、アフィリエイターが「独自ドメイン」と読んでいるもの。

その更に下の階層の作り方が2種類あって、

ドメインとしての階層を深める「test.noronoron.com」のようなサブドメインと、

↑はルートドメインの下層でありながら、独立したドメインなので、サイトの独立性も高く、サイトの個別設定の幅が広い。

ルートドメイン内にフォルダを切る「noronoron.com/test/」のようなサブディレクトリ(=サブフォルダ)があります。

↑はルートドメインに帰属しているので、ざっくりいえば「カテゴリー」と同等な扱い。

本人的には新しいサイトを立ち上げているつもりでも、ルートドメインとの関係性が結構違うんですよね…

サブディレクトリ運用メモ

当ブログのテストサイトはサブディレクトリで運用しております。

でも、これ、失敗だったなと思っています。

理由は、

  • サーチコンソールにてサブディレクトリの独立したプロパティーを作る事ができるケド、サブフォルダーのパフォーマンスが、ルートドメインのプロパティーにも入ってきてしまう。(一元管理には便利)
  • サブディレクトリのURLは、noronorn.com/test/article-name/のように冗長になりがちでダルイ。
  • サブディレクトリでのテストサイトでの評価がルートドメインに直接影響するので、思い切ってテストができない…

パッと思いつくのはこのくらい。

サブドメインに期待する事

いくつかの問題を解消するのに新ドメインを取った上で、更にサブドメインを切って新ブログを運用しようと考えているのですが、期待することは下記の通り、

  • サーチコンソールにて新ブログのパフォーマンスが新ルートドメインのプロパティーに入ってこない。
  • 将来的に2つ目のサブドメインを作っても、互いのパフォーマンスが影響しあわない。
  • 独立したサイトとしてSEOのテストができる。
  • 新しいテーマを試せる。

最後に

「モンハン」と「イギリス生活」をごちゃまぜにしているよりも、サブドメインでハッキリクッキリ独立させて専門性を高めた方が単独の評価が高くなる。

「モンハン」と「ゲーム」のように互いに近いテーマならサブディレクトリで互いに従属させることで総合的なサイト評価を高められる。

ってのが最新の風潮かな?

面白いよね、都市伝説とその変遷。

最後までお読みいただきありがとうございました。

作成者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください