インドに2年住んでいましたが、不便すぎて、一時帰国時に日本の品をまとめ買いして在庫しないと不安になる”在庫依存症”でした。

日本は、かゆいところに手が届く便利グッズが安価に手に入る天国の様な国です。

海外赴任前の下見でインドのスーパーに行って、なくて困りそうなモノを2年分買いだめして引っ越し荷物(中サイズ10箱分)として送付しました。

それで在庫がある安心感と、在庫がない不安感を覚えてしまいました。

インドでは、ふらっとコンビニへ行けばいいという感覚は皆無です。
必要になってからスーパーへ行っても在庫切れを起こしている製品も多いので、家に在庫を置かないと無性に不安になるようになってしまいました。

買い足ししていた日本の品

日本帰国時に買い足ししていた日本の品は下記のとおりです。

  • サランラップ
  • ジップロック
  • お口もふけるウェットティッシュ
  • お尻セレブ
  • 液体洗濯洗剤
  • 1回分の個包装のヘアトリートメント
  • その他トイレタリー
  • 衣類・靴
  • サトウのごはん
  • お茶漬けのもと

インド駐在員には、買い出し休暇や日本の品送付制度がある会社が多いと思います。
シンガポールやマレーシア、タイなどへ買い物に出かけますが、食材を買うことが多いのではないかと思います。

持ち込みの量も決まっていますから、日用品の補充は一時帰国時になりがちです。

なんでこんなものを??って、感じでしょうか?

インドで現地調達して買いだめしていた品

インド暮らしに必要だったのは、下記の品々です。

  • ロウソク(停電多すぎ)
  • ペットボトルの水
  • トイレットペーパー
  • 石鹸類

なんだ、その程度か…って感じなのか、よくわかりませんが、元々は計画的に補充する方ではなく、切れてから買いに行く計画性のないタイプだったので、大きな転換でした。

“在庫依存症”のリハビリ中

イギリスに引っ越してから、在庫しない生活に戻そうと、在庫がなってから買うように心がけていますが、なかなか治りません。

これを計画性が育まれたと喜んでいいのか、
余分な在庫を抱えるようになったと嘆いたらよいのか、
分かりません。

節約主婦的には、計画性に安い時にまとめ買いが上級者な印象ですが、
ミニマリスト的にはモノが大量にあるとムダ遣いしやすいという考え方もあるようです。

個人的な好みは、計画性はなくても必要な時に必要なだけ買えばいいよね…って感じです。

インドを離れて2年半。
シャンプーを切らして、石鹸で頭を洗った日、
ようやく在庫依存症が治ってきた~
っと妙にうれしかったのですが、傍目にはかなりイタイのかもっと、複雑な心境なのでした。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください