日本で「フラスコ」と言えば、化学の実験室で使うガラス器具の三角フラスコを思い浮かべる人が多いのでは?

イギリスでflaskは「水筒」という意味で使われることの方が多いです。アメリカ風におしゃれに言えば、Travel Tumbler?

ちな、実際の化学系の研究室では、三角のフラスコより、ナス型のフラスコの方が多く使われている気がします。

starbucks stainless steel tumbler

値段を見ずにカウンターに持って行って、Thermosより高い£18.95というお値段に少々ギョッとして、思わず日本の類似品の価格を調べました。4,000円だそうです。たけ~。

5年ぐらいは持ちそうなので、いっか!
っと、考えることにします。

大きすぎるイギリスのThermos

Thermosって、日本の企業なんですね~。産業ガスメーカー、大陽日酸株式会社の100%子会社だそうです。ガスの液化とそのハンドリングという特殊な技術・知見を水筒に使っちゃうなんて、発想がビビッド!

彼らにとって普通の液体のハンドリングなんて、楽勝じゃ?
品質は間違いないでしょうね!
ワクワク。

Thermosは、イギリスでも簡単に購入可能です。家から歩いて3分の近所のスーパーに売っているレベルで簡単に買えます。お値段も£10ちょいでいい感じ。

でも、サイズが大きいんですよね。イギリスのThermos。

ちょっと持ち運びたくない大きさです。

一方、(なんでもダイナミックなイメージの)米系のStarbucksの水筒がいい塩梅の小さめサイズでなんだか意外。

中国のスタバはDrinkwareに力を入れていた

どこのスタバも、ご当地マグは作っていますけれど、中国は力の入れ具合が違いました。

私が暮らしていた2012年頃までは毎シーズン新しい季節デザインの飲み物容器をリリースしていて、しかも北京エリアと上海エリアでは違うものを売っているという凝りようでした。

starbucks plastic tumbler

↑は、2012年の離任時に贈り物として頂いた、北京・春節版のタンブラーです。赤系の背景にお魚が踊っているおめでたいデザインで、実に中国っぽくて愛用しておりました。

あれから6年半!?
時間が経つのが早いですね。

実に長持ちしたこのタンブラーもフタのゴムパッキンが伸びて、飲んでる時にフタとカップの間からコーヒーが漏れ出てくるようになり、しぶしぶ買い直しました。

持ち運び安いステンレススチール版

Thermosが思いのほか大きかったので、長持ちしたStarbucksのタンブラーをリピートしようと思ったのですが、イギリスもしくはオクスフォードデザインのプラスチックタンブラーがなかったので、今回はステンレススチール版にしました。

プラスチックのタンブラーは、バッグに入れるのが不安で、常に手持ちだったのですが、ステンレスの方は入れても大丈夫そう(に見える)ので、なんとなく。

しえ~。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください