カテゴリー
リタイア貯金

老後資金の読み違いと世間ずれ

「老後資金は2,000万円必要」問題が話題になっているようですね。当ブログでは「早期リタイア用の老後資金は6,000万円、早期リタイアしない場合は、1,300万円」と仮定していたので、ちょっと読みが甘かったかも。悪化のスピードが早いよね。

「老後資金は2,000万円必要」問題が話題になっているようですね。当ブログでは「早期リタイア用の老後資金は6,000万円、早期リタイアしない場合は、1,300万円」と仮定していたので、ちょっと読みが甘かったかも。悪化のスピードが早いよね。

関連記事、「生涯給料」と「早期リタイア資金」のバランスが変日本人の平均的な「老後資金」は1,300万円平均貯蓄額1,812万円より、「社会保障スゲー」っと驚いた話。

平均は何も代表しないことを知りつつも、数字だけ見ると、日本人の平均貯金額は、1,812万円なので、いざという時には、国民一斉チキチキ「富の再配分」を行えば、なんとかなりそうだよね…

ま、そんな事したら、ちゃんと貯金した人が猛烈に怒るだろうけどね。

「生涯所得は、2億円」も悪化しているかもしれないけれど、そこから2,000万円貯めるには、年収の10%を貯金に回し続けるか、子供たちが巣立ってから全力で貯めるかのどっちか。

今後、家計管理ブログがますます流行るかも。

老後不安を煽った金融商品の台頭もあるかもね。

かつて景気がいい時に年金基金が、だいぶんおかしなムダ遣いをして(日本の僻地に施設投資とか国民の資産が増えない不動産投資など)、叩かれていたし、信用を失墜していたけど、こういう時代になるとみんなの目が厳しいから、ある意味安心して年金が払える時代になった気がしているのは、私だけっぽい。

年金は税金の一種だと思って払うし、当てにしているわけじゃないからハッキリ言っちゃうと、運用がマシになると思えるから、逆に安心感が増したというか。

ちょっと待ってみたんだけど、私と同じ意見の人、見かけなくてサビシイ。

ワタクシ相変わらず世間ずれが激しいな〜っと思って、仕方なく自分でしたためてみました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

作成者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください