画像ポップアップのWPプラグイン”Simple Lightbox”

かっこいぃ~。ワードプレスに変えたら使ってみたかったプラグイン”Simple Lightbox”で、メディア(=画像ファイル)をポップアップ表示出来るようになりました!

Simple Lightbox

この画像をポップアップで表示させるプラグインを”Lightbox”と呼ぶようです。汎用名かどうかは分かりませんが、プラグイン検索は、このワードがおススメです。

今回、私が選んだのは↓です。

Simple Lightboxプラグインページ

いくつか見てみたのですが、どれも似たような感じだったので、プラグイン検索結果の一番最初に表示されていることが決定理由です。(この方法で失敗することもあります。)

仕上がり図

Simple Lightbox を使って、画像ファイルをポップアップ
Simple Lightbox を使って、画像ファイルをポップアップ

元のページに戻りたいときは、背景部分(黒色)か、ポップアップ右上の×印を押します。

同じ記事・ページに貼り付けられている画像をスライドショーにしてくれますから、見たい場合は再生マーク。画面下のキャプション情報にその記事での再生可能な画像数が表示されます。(デフォルトでは、自動再生になっています。再生スピードは秒数を指定できます。)

写真中段両端の矢印マークを押すと、手動で送ることもできます。

最初は、Jetpackのメディア設定にて、「画像と写真をスピードアップ」、「豪華なフルスクリーンのブラウジング体験で画像とギャラリーを表示」を有効にしていました。この方法だと、リンク先がJetpackのURLに変わってしまって、外部リンクに変わってしまいます。個人的にはどの画像がクリックされたか分かってコンテンツ作成の参考になるのですが、ファビコンなども変わってしまい、ビジターが意図せずして外部にリンクさせられたらイヤな人もいるかもね…っと、設定を解除しました。

初期設定、唯一の変更点

Simple Lightbox スライドショー再生が、初期設定
Simple Lightbox スライドショー再生が、初期設定

上の図は、”Simple Lightbox”の設定画面です。日本語ですし、初期値からいい感じの設定なのですが、唯一スライドショーが自動的に再生される仕様が好きではなかったので、変更しました。

私が他のブロガーさんの記事を参考にさせてもらうときは、画像を見ながら作業をするので、画像が変わらないでほしいのです。

外観→Lightbox→UI→スライドショーを自動的に再生するを外す→変更を保存で、変更できます。

Simple Lightboxでのメディアの貼り方

メディアファイルの挿入は、リンク先、「メディアファイル」もしくは「添付ファイルのページ」を選ぶ
メディアファイルの挿入は、リンク先、「メディアファイル」もしくは「添付ファイルのページ」を選ぶ

メディアファイルを挿入する際に、リンク先が4種類あるのですが、ポップアップさせたい(グループ化したい)画像は、「メディアファイル」もしくは「添付ファイルのページ」を選ぶ必要がありそうです。下は、各リンク先のサンプルです。

リンク先「なし」で貼り付けた画像
リンク先「なし」で貼り付けた画像
リンク先「メディアファイル」で貼り付けた画像
リンク先「メディアファイル」で貼り付けた画像
リンク先、「添付ファイルのページ」で貼り付けた画像
リンク先、「添付ファイルのページ」で貼り付けた画像
リンク先「カスタムURL」で貼り付けた画像
リンク先「カスタムURL」で貼り付けた画像

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください