上海人は、出身国を聞かれると、「上海人です!」っと答えるそうです。

上海に5年住んでいたのですが、知り合いの上海人たちはこの話を聞いて「あるある」っと、爆笑していました。

「上海人」は、中国人ではない

これを初めて聞いたのは、北京出張の時でした。

「上海人は、中国人ではないって知っている?」っと、聞いてくる北京人に、日本人一同は混乱気味。

上海人は、どう考えても、中国人でしょ。

そうそう、その反応を待っていた! っと言わんばかりに説明を開始する北京人。

北京人はね、どこの国の出身ですか?って聞かれたら、『中国人です』って答えるの。それは北京人は北京こそが中国だと思っているから。

上海人はね、「上海」はいわゆる中国とは違うと思っているから、「上海人」って答えるのよ。

日本人は、多分深く考えていないので、出身国を聞かれれば、日本人と答える気がする。

どちらがよりプライドが高いか?

この北京人が続けて言うには、

それで上海人は、プライドが高いと言われたりするんだけれど、そうとも言い切れないのよ。

上海人には周りが見えていて、比較した上で、差別化しているの。

北京人は中華の中心にいて、周りがどうかとか、全く興味がないし、みんな自分たちと同じだろうと思っているのよ。

北京が中国の中にあるのではなく、北京が中国なの。

北京人の愛国心はとても高いのだけど、それは「北京(母国)」がすなわち「中国」だから。

どっちがお高く留まっているかというと、北京人かもしれないわね。

え、そんな事言われても…
これ、私が通訳するんですか?
ひぇ~~。

私にとっての北京人は、割と大らかな大陸的メンタリティーで、付き合い安い人たち。こんなことをあっさり言えちゃいますけど、通訳は大変。笑。

北京人に関してそんな事を言っていたのは、後にも先にもこの方だけですが、上海人の方は、結構有名な話みたいに言っていました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください