私が初めて他の人のブログにコメントを書いたのは、2014年の秋頃です。たった3行のコメントを書くのに、2時間ぐらい悩んだ事を今でも覚えています。

その後、自分でもブログを始めた後も、コメントは、「爆笑した」「勉強になった」「共感しまくった」など、心が動いてどうしても書きたくなった時にしか書きません。

ある時、あるブロガーさんが、コメントをくれた相手のブログに訪問してコメントを残す事を「お礼参り」、知らない人のブログにコメントを残す事を「営業活動」と呼んでいるのを見てから、コメントに消極的になりました。

なんでも「お礼参り」と「営業活動」は、朝の日課らしいのですが、それに時間をとられて、「本業」の記事を書く時間がなくなってきているという主旨の記事でした。

あと、同じカテゴリーのブロガーさんを「同業者」と呼んでいて、そのカテゴリーは読むのが嫌になりました。

私はそんなつもりで他の人のブログにコメントを書きに行ったことないな…

そんな「しがらみ」や「ノルマ」みたいなものがあるのなら、ブログやめるかもっとまで思ってしまいました。

「この記事が好きです!」という事が伝わるように、ただのファンに徹するためのコメント専用の別のハンドルネームを考えて、それでコメントを書きに行こうかな、なんて考えたりもしました。

その時は、いい名前が思いつかなくて、結局頓挫したのですが、またそんな気持ちが再燃している今日この頃なのであります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください