好きなスタートレックのテレビシリーズランキング

私が好きなスタートレックシリーズは、ディープスペースナイン → ネクストジェネレーション → オリジナルシリーズ → ヴォイジャー → ディスカバリー → エンタプライズです。これまでどれが1番好きなシリーズかについて考えた事がなかったのですが、並べてみると意外な結果でした。

【ネタバレなし】ルーパー、レビュー

荒廃した近未来、タイムトラベル、超能力とSFの鉄板要素を詰め込んでいる割に雰囲気は落ち着いていて、サスペンス風なのが新鮮。序盤、淡々と設定説明が続くから退屈な映画かと思いきや、最後まで淡々としているのに結末が予想できない良作でした。

【ネタバレなし】ミッション: 8ミニッツ、レビュー

現代設定で、宇宙も超能力もタイムトラベルもなしにここまでSF出来るのは、腕がいいとしか言いようがないですな。最初はワケが分からず戸惑いますが、それは主人公も同じ。混乱する主人公と共に徐々にいろいろなことを知っていき、その世界を救いたいという気持ちを育てて行ける稀有な作品。

【ネタバレなし】スノーピアサー、レビュー

この映画が好きじゃなかったのって、私ぐらいかもね、なんて思いながらも勇気を出して正直に書いてみます。初見、一流風の映像と一流風の俳優陣で固めた駄作との印象だったのですが…英語圏のYoutuberのレビューが軒並み高評価だったので、驚いて見直してみました。

【ネタバレなし】インセプション、レビュー

久しぶりに「脚本家」(クリストファー・ノーラン)の名前を覚えようとした印象的な作品。他人と夢(潜在意識)を共有し、相手の思考の中から直接情報を盗む「抽出」と相手にアイデアを埋め込む「インセプション」というコンセプトが斬新なサイエンスフィクション。