カテゴリー
社畜

社畜病⑫、ブログの「予約投稿」ができない体質になった!

誤解の無いように前提を書くと、「予約投稿」は、未来日時で記事を公開するようにセットできる機能です。収益目的のブログの場合、これを利用して毎日定時に記事を公開すると運営に安定感をもたらします。

誤解の無いように前提を書くと、「予約投稿」は、未来日時で記事を公開するようにセットできる機能です。

収益目的のブログの場合、これを利用して毎日定時に記事を公開すると運営に安定感をもたらします。

期待の大小を問わず、顧客に何かを期待してもらい、それを満たす事って、信頼につながるので、企業では、息を吸うかの如く当たり前の事として定期刊行、定曜日リリース、定時更新しています。

どの頻度、どのタイミングがいいかなどについては、検証を重ねて決定されます。

それが癖になって、ブログ初年は、出張などで毎日更新ができないことが分かっている期間は、ごく当たり前のように予約投稿を入れていました。

これ、職業病。

よく考えたら、個人が自分の楽しみのために書いているブログでそんなことする必要ないんですよね。

定期更新をやめて、最初の頃は、毎日更新しない事に違和感を感じていましたし、テーマが偏ると散らしたくなったり、感情的な記事はしばらく寝かせたくなったりしていましたが、勇気を持って記事が出来たタイミングに忠実に公開するよう自分に言い聞かせていました。

自我解放トレーニングみたい。

ビジネスの基本を守らないで、自分のペースを最大限に尊重するトレーニング。

ばっかじゃないの?って感じですが、意外と抜けないんですよね。職業病。

そうやって不定期更新をしばらく続けたので、今月は試しに定期更新に戻してみました。

もしかして定期更新が自分の性格にあっているなら、戻してもいいかな…っと考え、検証です。

そして、窮屈に感じました。

自分の本来の好みが分かって、なんだか嬉しい。

社畜メンタリティ脱却の確かな一歩です。

あはは。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

作成者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください