“ストックを増やす貯金”と”ストックを減らすダイエット”は、イン(流入)、アウト(流出)の両方のフローを上手くコントロールしないとダメだという点では同じです。

あぁ、体重をエネルギーとして換金できれば、ダイエットしなくていいのに…っと変な妄想を膨らませたことがあります。

大事なのはフローのバランス

貯金において、
流入(インフロー)するのは、本業・副業・副収入などのお金。
流出(アウトフロー)するのは、税金などの非消費支出や日々の生活を賄う消費支出などのお金。
ストックを増やしたい、つまり貯金を増やしたい場合は、支出よりも収入が多い状態を作る必要があります。

ダイエットにおいて、
流入(インフロー)するのは、食事で摂取するカロリー。
流出(アウトフロー)は、運動で消費するカロリー。
ストックを減らしたい、つまり体重を減らしたい場合は、摂取カロリーよりも消費カロリーが大きい状態を作る必要があります。

貯金を増やすのも、体重を減らすのも、流入と流出のバランスコントロールですね。

体重をエネルギーとして売りたい(妄想)

カロリーは、エネルギーの単位です。
イギリスでは、カロリーよりもジュールが一般的です。
1キロジュールは、0.24キロカロリーです。

kj and kcal
2行目のEnergy 430kJ (102kcal)を見て、妙な妄想

普段、私たちが払っている電気の消費電力量(キロワット時)もエネルギーの単位です。
1キロジュールは、0.00028キロワット時です。

0.24キロカロリー = 1キロジュール = 0.00028キロワット時

1キロカロリー = 0.0012キロワット時

あぁ~。私が蓄えている贅肉で発電できる時代が来ないものかしら。

今でも、人が自転車などを漕ぐことで、もっと高い仕事効率で発電できる方法があるみたいですが、寝転がっていればOKな、しんどくないやつを誰か開発してくれないかしら…

なんて、妄想を膨らませたのですが、何も要らないスゴイ方法が既にあるんですよね。

余計なものを買わない、食べない

ぎゃ~。石を投げないで~。

余計なモノを買わず、
余計に食べるものが存在しなければ、
まず太ることもなく、
運動をエネルギーに変えて、それを売らなくても、
お金は増える。

こんなシンプルで簡単な方法があるのに、私が妄想したような夢のガジェットが開発されるわけもないですよね。

あはは。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください