ブログを書き始めて4年。作文力、文章力の向上のアドバイス記事を読んでは実践してきましたが、ずっと迷走したままでございます。

最近取り組んでいるのは「削る」こと。

作文下手にもいろいろ種類があるでしょうけれど、私の場合は、工夫すればするほど長文化し、更に酷くなる感じ。

「長くて酷い出来」より、「短くて酷い出来」の方が読者フレンドリーだし、手直しがしやすいという消極的な理由ですが、マシになって来た気がします。

下記、採用に失敗したアドバイスのメモ。

断言する

「〜かもしれません」、「〜だと思われます」様な柔らかい表現は、「〜です。」と言い切ると、読者が安心感を抱き「説得力」が出るとの事。

当ブログ、自分の意見を押し付けたいわけじゃなくて、むしろ違う案があったら教えて欲しいぐらいのスタンスなので、ムリな断言はやめました。

例える

文章力がある人が「例え」を使うと、より分かりやすい文章になります。具体的に想像しやすくなるからです。

でも、下手な人が「例え」を使うと、ごちゃごちゃしてより分かりにくい文章になります。リライトの時に「削る」とスッキリしますから、最近では初めから「例え」ません。

語彙力

文章力がある人がどうやって読者の語彙力に合わせた文章を書くのか知りませんが、書くのが下手な私にとって、語彙力は邪魔です。

語彙力が少ない人ほど相手が知らない言葉を使う確率が下がるように思えます。

構成力

「起承転結」、「導入・本文・まとめ」のフレームワークの中でどのようにスムーズに話を進められるかのことを指しているとすれば、これは私にとってはまだ先の話。

今はとりあえず「結論だけ」書くトレーニングを行っております。

現状のメモまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください