なんだろうこの厨二っぽいタイトル。状況を最も適切に表す言葉がこれなんだから、仕方ないですね。

ホメオスタシスは「恒常性」で、リスクホメオスタシスは、安全性を上げるとその分危険な行動をとりがちになり、危険度がトータルで変わらない傾向にあること。

投資だと、初心者のうちは恐る恐る少額だけ投入していたのに、知識と経験が増えてきたと感じたら大きな額を投入してしまい、お金を失う危険度が変わらない時に引用されたりしますね。

生存スキルを軽視しはじめる

モンハンを始めたばかりの頃は、体力増強、耳栓、気絶耐性を常にMaxにして出かけていたのに、乙らなくなってくると、どんどん火力よりになっています。

失敗リスクの恒常性は、保たれております…

いきなり強敵に挑む

笛のデビュー戦は歴戦キリン、しかし生存をもりもり積んでいました。

ハンマーのデビュー戦はベヒーモス、しかしベヒ戦装備のハンマー版で挑みました。

弓のデビュー戦は歴戦ナナテスカトリ。youtubeのTA火力装備をそのまま着ていきました…

Kjarr Bow Ice
装備メモ:周回を始めてから「体力増強」だけは積みました

ゲームに慣れていくにつれ、最初の相手がどんどん強敵に、装備がどんどんテキトーになっていきます。

新しい武器を使い始める時には、謙虚にもっと戦いやすいモンスターで基本の動作を覚えるべきところなのに!

失敗リスクの恒常性は、やはり保たれております…

初心者、上達の秘訣を学ぶ

モンハンの王様が日本の早朝(欧州の夜)に弓の練習をしていて、弓デビューしたての私にとっては非常に参考になりました。

モンハン用語が多くて、会話の内容は、正直言ってあんまり分かっていません。

それでも新しい武器を習得する時の流れというか、考え方というか、手順というか、そういうものを知るのはとても新鮮でした。

それから、操虫棍の配信者さんもそうだったのですが、キャンプに籠ってひたすら試行を重ねる集中力が凄いです。

なんか「キャンプ籠りハンター」に憧れを抱くようになりそう。

配信につられて狩りに出かけていただけなのに、いつの間にか弓の使用回数が200回を越えていて自分でもビックリ。

沢山あった歴戦ナナテスカトリ4-5枠もあと20匹ほどになってしまい、3乙、2乙クエは枯渇し、もう1乙クエしか残っていません…

失敗リスクの恒常性は、やはり保たれております…

ちょっと違うか…

最後に

下手ハンのリザルト画面スクショ、第8弾。

Lunastra

上手な人たちは逃げられそうになったらスリンガーで引き止めるんですよね…

当下手ハンは、ただひたすら打ってみるのみなので、最後の一撃がこんな感じになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください