サーチコンソールの検索アナリティクスを見ていて、度肝を抜かれたのが、キーワード”老後資金”の掲載順位が256.3位だったことです。

え?、皆さんGoogleで30ページも繰っているんですか??

日本人の平均的な”老後資金”は1,300万円

熱意がある方々は、ぜひ下記の原典を読まれることをおススメします↓
総務省統計局「家計調査報告(家計収支編)―平成28年(2016年)平均速報結果の概要―

高齢夫婦無職世帯の老後資金

高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の支出は毎月267,546円、年間支出は320万円強です。

社会保障給付金が、193,051円/月補填されて、不足金が54,711円/月でした。
この場合、60歳~90歳までの30年間(30年x12か月=360か月)で、貯めておくべき老後資産は1千970万円ぐらいだと思われます。

(図をクリックすると総務省統計局が作ったPDF報告書へ遷移します。)

高齢夫婦無職世帯の家計収支, p27
高齢夫婦無職世帯の家計収支, (PDF:68KB)より引用、page 27

高齢単身無職世帯の老後資金

高齢単身無職世帯(60歳以上の無職世帯)の支出は毎月156,404円、年間支出は200万円弱です。

社会保障給付金が、111,375円/月補填されて、不足金が36,311円/月でした。
つまり60歳~90歳までの30年間(30年x12か月=360か月)で、貯めておくべき老後資産は1千300万円ぐらいだと思われます。

(図をクリックすると総務省統計局が作ったPDF報告書へ遷移します。)

single-pentioner-household-2016
総世帯及び単身世帯の家計収支(PDF:68KB)より引用、Page 43

飽くまで統計ですから、データ作成の条件をよく読んで、どう参考にするかお決めいただくのが良いと思いますが、30ページも繰った真剣度なら何のこともないと思います。

日本人の”老後資金”への不安感がハンパない件

元々検索に表示された記事は、関連記事「日本の家計消費動向と”黒字率”を調べる」の「1-4 ついでに老後の心配もしてみた」の部分です。

書いた本人は、ほんのついでに書いた部分です。

こんな過疎ブログの記事タイトルにも、メタディスクリプションにも、見出しにも採用されていない、極弱な言葉を拾っても、満足のいくような質の高い内容はなかったでしょうね。

この記事は、ちょっとはましになっているとよいのですが…

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください