ムダ遣いが染みつきすぎて「買う時」には浪費であることに気づけないタイプの人間でした。

熱が冷めた後の「捨てる時」にムダ遣いチェックを始めたら、効果的だったので、ちょいとご紹介。

自家の「ゴミの量」を知る

まずは1週間、まったく普通に生活して、ゴミの量を知るところからスタートしました。

現在居住中のイギリスの分別は「生ごみ」「普通ごみ」「リサイクルゴミ」の3種類です。それぞれが1週間でどの位溜まるのか捨てる前にゴミ袋の写真を撮りました。

ゴミを減らす

次の週は、出来るだけゴミを出さないように生活しました。

でも、どうやれば、ゴミが減るか分かりません。

ゴミを捨てる時に「これは減らせたかもな…」っと反省するという、手遅れ気味な事ばかりでした。

おやつを食べる量を減らしたり、ペットボトル飲料を買わなくなったり、ちっちゃいことが多いですが、ゴミの量を減らすためには、初めから買わないようにするしかないのが分かってきます。

不要なものは「補充」しなくなる

第2段階で「日用品の補充」も少なくなりました。

シャンプーと、リンスと、トリートメントと、ヘアパックと、ヘアミストと…

ヘアケア製品だけで、かなりの種類の日用品を買っていたのですが、シャンプーとトリートメント以外は買わなくなりました。

他の日用品も切らす前に無条件に補充していたのですが、買わないでみても意外に窮屈には感じません。

絶対に切らしてはならないものは「トイレットペーパー」だけかも。

洋服が「消耗品」と化す

靴下、肌着、家着、パジャマなどを買うと、包装などが、即刻ゴミ増加につながります。

必要なモノだから、もちろん買うんですけど、「欲しいから買う」から、「必要だから買う」に変化しました。

シャツ、セーター、ジャケット、コートなどのお出かけ着は、新しい服を買う前に代替品が家にないか探すようになりました。

そして、買い替える理由が、ボロくなってきたから仕方がない…っと言う風に、洋服が「消耗品」へと変化していきました。

不思議でした。

ゼロにはならない

ゴミは絶対ゼロにはならないので、完璧を目指す気にならない事もゴミチェックの良いところでした。

ゴミが少な目だと「スリムな家計から出る、スリムなゴミだわ♪」っと、うぬぼれに似たちょっとした満足感はあるものの、ゼロにするなんてエッジの効いたことは考えませんから。

しかも、毎週必ずチャンスがやってくる。

ゴミ捨てがチャンスに見えるとは…

このちょっとした意識の変化が、ムダ遣いを抑えるのに効果的だったので、まぁまぁおススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください