10年以上も日本に住んでいないからというよりは、ただの世間知らずなのかもしれないけど、Youtuberになりたい小学生って「学校の勉強をしたくないから」なの?

私にも好きなYoutuberがいっぱいいて、あこがれているのですが、「Youtubeの勉強をしたくないから」私にはムリ。

学校の勉強より、Youtubeの勉強の方が、ムズカシそうなんだけどな。

私が学校で学んだのは「勉強の仕方」。

苦手な科目との戦い方、

得意な科目の伸ばし方。

調べ方、

覚え方、

忘れ方、

知恵の絞り方、

答えの出し方。

そして毎日新しいことに向きあう習慣。

簡単に言うと「上手になる方法」のようなもの。

これを知らない人は、何をやっても、何になっても大変じゃない?

ゲームがめちゃめちゃ上手いのに、サムネ作成は苦手な人気Youtuberさんがいるのですが、「上手になる方法」を知っているから、きっとサムネも上手になると思う。

私は心の中で「文字がシンプルで絵が引き立つ、今のサムネも好きなんだけどな〜」っと思ってさえいる。

でも、もっと上手になりたいのでしょうね。

かっこいい。

逆に「上手になる方法」を知らないと、全てが「運任せ」で、怖くない?

私自身はブログ記事を定期的に書くことが出来ないでいるヘタレなので、毎日(毎週)動画をあげられる人ってただひたすらに尊敬。

だから「Youtuberになりたい小学生が多い」と聞いて、がんばれーっと思っていたのだけど、理由は「勉強したくない」からなの?

私の読みは甘かった。

ガッカリしたのでした。

そんな人ばかりじゃないでしょうけど、そういう意見が目立っちゃうのは残念ですな。

小学生を取り巻く環境まで世知辛いとは。

最後までお読みいただきありがとうございます。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください