インド駐在員が、日本に帰って最初に食べるものは?

ベジタリアンの強化版、ベーガンが多いインドでは、根菜ですら、引っこ抜くことが殺生にあたるので食べないっという人たちがいます。その上、食の安全に不安がいっぱい。なんでも食べる日本人にはつらい生活圏です。そんな中で、帰国して”最初に食べるもの”は”たまごかけごはん”という声が多かったりします。

帰国して最初に食べるもの達

“たまごかけごはん”、納豆ごはん、牛丼、スキヤキという声をよく聞きました。

これは、取引先も含む私の周りの駐在員さんたちの意見ですから、日本人を代表しているわけではないですけれど、なかなか傾向が出ている気がします。

“たまごかけごはん”

“たまごかけごはん”に関しては、日本にいた時は滅多に食べなかったんだけどね〜みたいな人が結構いたように思います。

最近は”たまごかけごはん”専用の醤油があるらしいなんてことが、噂になっていました。
個人的には専用醤油に興味はなかったのですが、帰国したら実家にもちゃっかりあって、ニヤリとなりました。

納豆ごはん

私は”納豆ごはん”でした。
日本のふっくら・ツヤツヤごはんが食べたい…
インドのごはんは、バスマティ(Basmati)ライスかジャスミンライス(Jasmine rice)。インド料理にはよく合いますが、和食だとちょっとふっくら度が…
そして”納豆ごはん”にも、インドでは絶対挑戦しないと思しき”なまたまご”は欠かせません。
んぉ~。美味しい。

スキヤキ&牛丼

他には”スキヤキ”とかも人気でしたね。
牛=神様ですから、牛肉のことは忘れて過ごす必要があります。
これは牛肉と”なまたまご”のコンビネーション。

牛丼も同じコンビネーションですね。

“なまたまご”こそが日本人のソールフードなんじゃないかと思えてきます。

インドの卵の黄身は白っぽい

インドの卵は妙に白っぽいです。
火が通った後は分かりにくくなりますが、ホテルで朝食の目玉焼きを作ってもらうときなどにギョッとします。
火を通してもなんか微妙な感じがします。

逆に、帰国すると日本の卵はオレンジすぎて、ギョッとします。
餌によるらしいです。

いや、ギョッとするほどオレンジであっても、日本のものなら迷わず食べますけれどね。

つねに次の一時帰国を待ち遠しく思っているのは、私だけじゃないはず…

待ってろよ~。納豆ごはん。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください