早期リタイア志望者が”昇進”を目指しているのを見たことがありません。

あの界隈では、明らかな戦術的な悪手だからですが、リアルでも昇進したがっている日本人は見かけません。

でも上司陣は、それが正しい方向だと疑っていない様子。既に昇進した人たちは一味違いますね。

収入アップ目的で”昇進”を目指すのは悪手

早期リタイイーの鉄板収入アップ法といえば、投資とブログの収益化でしょうか?
それから、本を出版してみたり?

セミリタイアの人は、ほんのちょっとバイト・パートをしてみたり、クラウドソーシングなどの記事をよく見かけます。

卵は一つのカゴに盛るな的な発想で、収入の経路を複数持ち、依存度を下げるよう工夫するみたいです。

昇進は完全に会社依存ですし、辞めた後は絶たれる収入経路ですから、あの界隈の人で昇進を目指している人を見かけません。

一言でいうと、「悪手」ですね。
それでも収入アップには変わりないのでしょうけれどね。

早期リタイア志望がくすぶっている

私は、3年前に以前の上司にいじめられたことをまだ引きずっているようです。

今の上司は出来た方で、働きやすいです。
既に仕事の楽しさは戻ってきました。
けれども、会社員としての帰属意識や愛社精神は低いままです。

早期リタイアを志す気持ちは消え去ったように見えて、一旦深く刻まれた早期リタイア精神が今でも芯の部分でくすぶっている模様。

これは、喉元を過ぎれば忘れてしまう、学習能力のない私にとっては良い傾向な気がしますから、自己肯定的なのですが、会社では「まだ引きずっているの?」っと呆れられます。

へんな副作用(笑)

上司陣との面談で”出世したくない”と言ってしまいました。

おもわず本音がポロリ。といった感じでしょうか?

わざわざそんな事を言う必要があっただろうか…

どう考えても、ありません。

出世したいです!、頑張ります!!
と言ったところで、昇進できるわけではありません。

それなら、せめて、意欲ぐらいは見せた方が、人として可愛げがあったんじゃなかろうか?っと、反省しております。

何だかとてもがっかりしている上司に申し訳ない気持ちが湧いてきました。

猛省。

何となく、収入アップより責任アップの方が大きくて、割に合わないという印象があるから、昇進したくないと思うようになり、とうとうポロっと口から出ちゃった感じです。

実際のところ、昇進するといくらぐらいお給料が上がるのかしら??

うー。
それにしても、いくつになってもこういう失敗って減らないものですね。

どうぞ良い一日をお過ごしくださいませ。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください