私のお気に入りは”スライド貯金”です。

この貯金法は、「先送り」の概念を上手く使って、精神的な負担や圧迫感も少なく、気付いたら1か月分の生活費を貯金できちゃって、サプライズ感満載です。

家計簿をつけるのを止めてしまったのですが、この「先送り」の概念は大活躍しています。

スライド貯金とは

スライド貯金とは、「月の予算」を「1か月+α日」と先延ばして締めることによって、毎月「+α日」分のお金が先送りされていき、一定期間で1か月分の予算が浮いていることになる貯金法です。

試しに「+α」が5日だとすると、下記の通り7か月目に1か月分の予算が浮きます。

Slide Saving
スライド貯金の例

スライド貯金のいいところ

この方法の好きなところは、締め日を買えるだけで手間がかからない事です。

それから、個人的に、家計簿を締めるのが面倒くさいので、”先送り”するのはウェルカムなところです。

金額から日付に目先を変えることで、生活費を切り詰めいているという窮屈感も控え目で、ふと気づくと1か月分の生活費を節約できていた!というサプライズ感も気に入っています。

努力している感が少ないのが肝ですね。

スライド貯金の微妙なところ

スライド貯金が微妙なところがあるとすれば、締め日が毎月変わるので、クレジットカードや家賃が2か月分落ちる月があったりします。生活費の締め日は先送りにできても支払日は先送りにできませんからね。

現実問題、月次比較がやりづらい…

この辺りが気にならないのんびり目線の長期戦の人はいいですが、几帳面な人は気に入らないかもしれません。

スライド貯金から学んだ先送りメンタリティーが大活躍

先送りと聞くといいイメージがないものですが、貯金・節約生活には非常に有用です。

靴下の買い替えから、パソコンの買い替えまで、遅らせられるものはすべて遅らせています。

パソコンの買い替えに至っては1年半先送りできましたよ。

詰まるところ私の貯金法は「買わない」なので、先送りとはとても相性が良いのです。

おススメです。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください