ワードプレス、”記事のパーマリンク”は早めに定めること

パーマリンクとは…

ページのURLのことです。
記事ならサイトURL/記事名/、カテゴリーならサイトURL/カテゴリー名/、タグならサイトURL/タグ名/などとページのタイプによってカスタマイズ方法が異なるのですが、今回は”記事のパーマリンク”に限定して話を進めます。

ワードプレスでは、設定→パーマリンク設定→共通設定で好みの型を決めることができます。

記事のパーマリンク
記事のパーマリンクの設定画面

詳しくは、Wordpress Codex(日本語版)「パーマリンクの使い方」をご覧くださいませ。

これまで、いろいろなブログサービスを使ってきましたが、ワードプレスの”記事のパーマリンク”の設定が最も自由度が高く、便利です。
使いやすい順に、ワードプレス、Seesaa、Blogger、FC2と言ったところでしょうか?

ワードプレスでは、日本語のパーマリンクも設定することができます。というか、設定を↑にして、ほっとくと日本語になっています。私はこれを英語に変更する際に、2度目の大量404をくらいました。

“記事のパーマリンク”初期状態

初期状態では、サイトURL/投稿年/投稿月/投稿日/ページタイトルでした。
しかも日本語でした!っと、どうでもいいところで感動しています。

記事URLに日本語が

ちなみに、
Seesaaでは、サイトURL/article/自分で設定(もしくは自動・記事タイトル)
FC2では、エントリー番号。サイトURL/blog-entry-番号一択、変更はできません。
BloggerではサイトURL/年/月/自分で設定(もしくは自動・ランダム)でした。

“記事のパーマリンク”の型は、初期に定めるべし!

はじめはサイトULR/article-%post_id%/%postname%/っと設定しました。

記事URLのカスタマイズ

しかし、記事番号があまりに飛び飛びになるので、設定を「投稿名」へ変更したのですが、URLが変わったことで、サーチコンソールにて404が大量に出ているとの警告がありました。恐怖です。

自由度が高いことは非常に好ましいことですが、サイトに大きな影響が出ますから、初期に定めて、変更を行わないようにすることが肝要だと、痛い思いをしました。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください