カプラッ!ぶっさいくなクリンゴンが帰ってきました。

スタートレック:ディスカバリー、シーズン2、エピソード3、「Point of Light」のレビューです。

ストーリーのネタバレとクリンゴンの外見に関する悪口を含みますので、ご注意ください。

ストーリー

ティリーが見ていた子供の頃の同級生の幻覚が酷くなり、いくつも挙動不審を起こしますが、マイケルの分析により、精神異常ではないから、スタメッツに見てもらうようにおススメします。

スタメッツは、ティリーの中で育っている胞子を発見し、取りだし、捕獲します。スゲー。

スポックが同僚を殺して精神病棟から逃げ出したことを信じられない母アマンダは、外交特権を利用し、「Only logical solution」としてスポックのメディカルファイルを盗んで、マイケルに渡します。

アマンダ、マイケル、キャプテンパイクは、スポックは無実だと信じ、調査を進めるなかで、スポックは子供の頃にレッドエンジェルを見たことが分かります。

そして、マイケルが子供の頃、スポックを大きく傷つけ、その後のスポックが心を閉じてしまった原因であることを告白し、アマンダは耐えられず、ディスカバリーを去ります。

クリンゴンの世界では、Voqを内蔵するアッシュが、残りのクリンゴン名家から受け入れられず、そしてクリンゴンとして扱ってもらえないアッシュは、ラレルに抗議するも、「それなら私を求めて」っと返すラレルに、「それはアッシュにとっては侵略だ」っと、都合がいいことを言って、私を混乱させます。

孤独を感じていたアッシュはマイケルに電話してしまったり、悶々と過ごしている内に、ラレルとヴォックの子供の存在を知ってしまい、夫婦喧嘩が始まり、一緒に子供を育てることにしますが、部屋についた時には、抵抗勢力から誘拐されて、権威を譲渡するよう脅されます。

敵陣に乗り込んだアッシュ、ラレル夫妻は、「確実に私たちを2人とも殺さなければ、残った片方があなたを必ず殺すから」なんてタンカを切って、剣バトルが始まりますが、負けてしまい、Chancellorの地位を奪われてしまいます!

っとそこに、元テラン皇帝ジョルジオーが登場し、テラン節を炸裂させて、アッシュと子供を「負担」扱いします。

ラレルは、クリンゴン名家の前で、アッシュが連邦のスパイで、我が子を殺したとし、Kor家の当主は自分を守るためにわが身を犠牲にした。我が子を失ったけれども、今後はクリンゴン帝国を我が子と思うことにしたから、母と呼びなさい。

っと、スピーチしてクリンゴンをまとめていました。

最後は、セクション31のスターシップ。我が子をクリンゴン寺院に預けますアッシュと、アッシュをセクション31に勧誘するジョルジオーのダークに吹っ切れた会話が秀逸でした。

クリンゴンの外見への愚痴

憤怒です。

また出ました。不細工な、クリンゴン。

自分が嫌っているモノを明確に知ってしまう瞬間ってありますよね。

クリンゴンの不細工っぷりについては、第1シリーズの時点で既に気の毒に思っていたのですが、シーズン2で久しぶりに見たクリンゴンは、同じ不細工度合なのに耐え難く感じました。

過去作では、すっごくクセがあるけど、愛嬌があったクリンゴン。

ウォーフの最初の奥さんのケイリーはフツーに可愛かったし、クワークの元妻グリルカも美女だった。マートックの鬼嫁シレラやデュラス姉妹でさえ凛としたのがクリンゴン女性なんだなって感じの共通の特徴を持っていた。

なのに…

ラレルはね…

ただただ、醜い。

性格も、「キツイけど凛として鮮やか」って感じではないんだよね…

このクリンゴンは嫌いだわ!

そして何より腹立たしいのは、第1シリーズでなくなってしまっていた髪の毛が戻っていました。

髪の毛だけね。

いや、ヒゲも戻っていました。

愛嬌は全く戻ってきていません。

見た目が変わったという事は、よっぽど評判が悪かったんでしょうね、新クリンゴン。わかるわ~。

根本的な問題は解決されていないよね。

クリエイターに敬意を表して、素直に受け入れようとしていたのに、不細工なまま髪の毛だけ戻した雑な対応が腹立たしい。

今回ばかりは明確に嫌悪感を感じたのでした。

時代設定が「オリジナルシリーズ」の2264~69年では普通の人間っぽい顔だったクリンゴンが、「ネクストジェネレーション」の2363~70年にはその後長きに渡って親しまれるクリンゴン顔になっていたりしたので、2256年の「ディスカバリー」のクリンゴンの顔が多少変わっていても問題ではないのですが、不細工なのがイヤ。

もうちょっと言えば、これまでずっとクリンゴン語でしゃべって、英語字幕がついていたのですが、今回の最後のスピーチは、英語でしゃべっていました。

何で?

これも評判が悪かったのかな?

いろいろ腹立たしさが募るので、この辺にしておきます。

それでは、カプラッ!

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください