宇宙人ポール、レビュー【ネタバレなし】

B級SF映画、『宇宙人ポール』のネタバレなし感想文です。

クリンゴン語が話せちゃうレベルのSFオタクが痛々しく迷走する、くだらなさが突き抜けた、SFファンのヒマつぶしに最適の作品です。

基本情報

原題Paul
邦題宇宙人ポール
タイプSF
公開日2011年2月14日
監督グレッグ・モットーラ
脚本サイモン・ペッグ
ニック・フロスト
原作者
おすすめ度4.0 (1~5点)

トレーラー

映画『宇宙人ポール』日本版予告編

あらすじ

イギリス人SFオタクのグレアムとクライブは、コミコンを起点にキャンピングカーでSF名所めぐりをしていたところ、ポールと名乗る本物の宇宙人に遭遇する。

謎の組織に追われているポールは、仲間が迎えに来てくれる地点まで連れて行って欲しいと2人に頼む。果たして2人はエセMIBからポールを守れるのか?

脚本、世界観

グレアムを演じたサイモン・ペッグとクライブを演じたニック・フロストは、共にリアルのオタクで、脚本もこの二人が書いた本物のオタクSFです。

ニック・フロストのインタビューをみたことがないですけど、サイモン・ペッグは他の作品のインタビューをみたことがありますが、ホントにかなりのSFマニアでした。ちなみにサイモン・ペッグは、『スタートレック:ビヨンド』の脚本にも携わっています。

因みに二人はイギリスではフツーに有名俳優です。

ストーリーはしっかりしてますし、あちこちにSF・オタクジョークが詰め込まれていて、ヒマつぶしに最適です。

あとアメリカに降り立った宇宙人がマーマイトを見つけて喜ぶなどのイギリスジョークも入っていますし、個人的にはかなり好きなんですけど、オタクすぎるかも?

登場人物

痛々しいオタク役は、上記で紹介した2人のイギリス産リアルオタク。加えて、アメリカ産のリアルオタク、セス・ローガンが宇宙人のポールの声を演じています。

この3人だけでも十分に面白いのに、エセMIBに、科学を信じない熱狂的キリスト教信者のヒロイン、そして衝撃の黒幕など、強烈なキャラが盛りだくさんです。

映像美

別に映像が美しくある必要がないタイプのSF映画ですが、別に普通にクリアな映像にキレイなCGIでした。

音楽

音楽は、イギリス系のテレビ・映画音楽を数多く手がけているデビット・アーノルドで、ソツがない出来でした。

感想

くだらなさが突き抜けて楽しい作品です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました