家探しの際に賃貸物件の紹介会社の担当の人や、同僚から教えてもらったオクスフォードのエリア情報です。

オクスフォード市街地近辺

Summertown、Jericho、Cowley、Botley(Osney)などを中心に紹介してもらいました。

Summertown: 市街地北部

みんなの憧れの高級住宅街。
そこに住むためにはいくらでも払う覚悟のお金持ちが沢山いるとのこと。
見物がてら数軒紹介してもらいましたが、確かに閑静で高級感あり。

Jericho: 市街地北部、↑より中心寄り

アートでモダンなオシャレエリア。
若い社会人に人気あり。

うーん。
そう言われれば、そう見えなくもない、程度。
内見した家のインテリアは、確かに今風。

Cowley: 市街地南東部

学生の街。
バーやレストランが沢山あり、最も活気がある。

仲介業者の若い女性が「ヒッピーな街よ」って言っていました。

大きめのTescoとSainsbury’sがあって、便利そうでしたよ。

Botley、Osney: 市街地西部

働く人の街。
これは必ずしもブルーカラーという意味ではなさそう。

ベビーカーを押している人が多かったので、割と若い人でも住める値ごろ感があるのかな?

避けるべきだとされたのは

Blackbird Leys。

車があれば、田舎がよい

通勤の関係で出来るだけ市街地の近くで家探しをしましたが、こじんまりとして、緑が多くて、長閑というオクスフォードの良さを活かすには、すこし離れた車生活圏が良いのではないかと思われました。

AbingdonやWitneyが、おススメらしいです。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください