noindex 設定(アーカイブ、カテゴリー、タグ、メディア)

アーカイブ、カテゴリー、タグ、メディアの4つのページタイプを”noindex”に設定しました。

Yoastで”noindex”を選ぶだけ

私はプラグインYoastを使用しているので、設定で選ぶだけで、”noindex”状態にすることができます。合わせてnofollowもつくようなので、noindexだけでとどめたい人はテーマの編集で設定する必要がありそうです。

noindex を設定する
noindex を設定する

Yoast SEOのタイトル & メタには、6つのタブが存在します。アーカイブはアーカイブタブに、カテゴリーとタブはタクソノミータブに、メディアは投稿タブにそれぞれインデックスするかどうかを選ぶ場所がありますから、それぞれインデックスするかどうかを選ぶことができます。

私は、基本的に「投稿ページ」と「固定ページ」以外はインデックスしない事にしました。

インデックスするか?、しないか?

FC2のメインブログでは、カテゴリーもタグもメディア(画像ファイル)もアーカイブも、すべてインデックスしていました。そして、静かに隠棲するためにすべてnoindexに変更しました。苦笑。

メインブログのカテゴリーページ
メインブログのカテゴリーページ

このメインブログでは、アーカイブページの上部にナビがついており、気になる投稿タイトルを見つけたらジャンプできるようになっていたので、読みたい記事だけ読んで帰ることもできます。

また、このページにランディングしてそこから何ページも読んで帰られる読者の方がいらっしゃいました。

但し、検索からカテゴリーページへのランディングは、検索流入の3%程度です。タグへの流入も3%程度です。これを多いと考えるか、少ないと考えるかは微妙なところです。

ページビューでは、カテゴリーページとタグページが15%ぐらいを占めていたので、ページとしては読者の役に立っている感がなくもなく…

ちなみにページビューは、カテゴリーページよりもタグページの方が、多かったです。

実は、この点についてかねがね疑問に思っておりました。サーチコンソールの検索アナリティクスでは、「体言」のキーワードがよく検索されているのに、「用言」を使用したカテゴリーページも「体言」を使用しているタグページもランディング量は同程度に小さい。一方、サイト回遊の観点では、カテゴリーページからの平均離脱率は35%で、タグページからの平均離脱率は30%と、個別記事からの離脱率と比べてはるかに低いのです。ちなみにホームの離脱率は54%で、サイトマップ(=記事リスト)の離脱率は11%でした。ほとんどが個別記事から離脱されちゃっているんですよね~。

収益化を目指している人も、ECサイトなどの場合、ランディングが少ないからと言って、即noindexと結論を急がず、アクセスの中身を見た方が良いかもしれません。

収益化を目指しているわけではない雑記ブログであるこのブログでは、カテゴリーページなどにランディングすると、どこに来ちゃったんだろう??っと混乱する可能性が高いので、インデックスしない事にしました。

将来的に、ページナビをつけたりすることがあれば、再度インデックスを開始するのもアリだと考えています。

SEO的には?

答えに自信満々の人はあまりいないみたいですね…。調査結果のメモです。

カテゴリーはインデックスしない派が優勢

理由としては、「低品質なページ」をインデックスから取り除いて、優良なページだけを残す作業の一環で、カテゴリーは投稿より低品質であるとみなされているっぽいです。

他には、カテゴリーページは、タイトルが「カテゴリー名+page-1」、「カテゴリー名+page-2」とちょっぴりしか変わらないし、メタディスクリプションも同じになりがちなので重複コンテンツとみなされたりして評価が下がるという情報も散見されました。

タグは、そもそもいらない派が…

タグは、カテゴリーと同じ理由でいらない派が優勢でしたが、加えて「そもそもタグページって必要??」とまで言われていました。

私はメインブログでは、カテゴリー名には用言を、タグ名には体言を使っていました。そうすると活動(=カテゴリー、記事に一つだけ)に横断的に関わるモノやコトや場所(=タグ、1記事に5つまで)というブログ構成になって楽しかったのです。

これは雑記ブログだからでしょうね。

タグは1つや2つしか記事が紐づいていない場合も多かったのですが、こういうのは典型的な低品質のページだからnoindexにした方が良い!みたいな記事もありました。

FC2の場合、カテゴリーは「~blog-entry-x.html」という持ち、タグは「?tag=xxx」のクエリタイプでした。どちらもユーザ管理画面でページの編集がほとんどできませんでした。

ワードプレスでは、ちゃんとページが存在し、それぞれ編集画面がありますから、いろいろケアが出来ちゃうことが逆にプレッシャーになり、今のところタグの設定は開始していません。

アーカイブのインデックス是非は、見つかりにくい

私が意図するところは、新しい記事から古い記事にさかのぼるときのアーカイブページをインデックスするか?、しないか?についての記事を探していたのですが、カテゴリーやそのほかのアーカイブページが先に出てきて、最終的には探すのを止めてしまいました。

むむぅ

メディア、画像はindex、アタッチメントはnoindex

google画像にindexされたがっている記事と、attachmentページをnoindexにする方法が書いている記事が存在し、ちょっと混乱しました。

メディアにはいくつかレコードタイプが存在しているようです。画像urlはそのまま画像だけのurlで、attachementページは画像と画像の説明ページの様です。それ以外にサムネイルページと3種類ほどのサイズ違いの画像urlが存在していて、直ぐには紐解けそうになかったので、とりあえずnoindexという感じです。

ワードプレスはインデックス速度が速い??

ワードプレスは、FC2の時より、Bloggerの時より、Seesaaの時より、記事がインデックスされる速度が速いです。もしくはYoastのアドバイスに従って記事を書いているのがいいのかもしれません。しかも直ぐにアクセスが入り始めます。

でも手探りで試行錯誤しすぎて404エラーに振り回され、疲弊しているので、ちょっと休憩してゆっくりインデックス数を増やしていきたいと考えています。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください