第一話が乗り越えられなくて見たことがなかった有名SFファンタジー。寝込んでいるのを利用してNetflixで全話一気に鑑賞。腰が痛い。

基本情報

原題新世紀エヴァンゲリオン
英題Neon Genesis EVANGELION
タイプSFファンタジー
公開年1995年10月4日
監督庵野秀明
脚本庵野秀明、榎戸洋司、他
原作GAINAX
おすすめ度☆3 (out of 5)

トレーラー

ストーリー

使徒と呼ばれる異次元の力を持つ存在に2度も亡ぼされかけた後の世界で、この超存在に立ち向かうべく組織されたNERV、そのロボット兵器エヴァンゲリオン、14歳のパイロットたちの戦いの物語。

感想

当時、大きな反響を呼んでいた超有名アニメなのですが、今の「中二病」という表現は、このアニメのパイロットたちが皆「14歳」だったことから来ているのかも?

心の葛藤が凄まじいね。14歳。

心理描写が深すぎて、私にはもう共感できないし、付き合いきれない。というのが率直な感想。

SFとしてのコンセプトは嫌いじゃないんだけど、心理描写に尺を取りすぎて、疲れた大人にはくどすぎる感じで、とくに最後の2話は2倍速にできないか、探しながら見ました。

『Guardians of the Galaxy』が好きな年寄りには合わないっていう、単なる好みの問題ですけどね。

あと、このアニメではなく、西洋のアダムとイブのおとぎ話を知っていた方がすんなりわかるのか、逆に混乱するのか、ちょっと判断がつきませんが、取り敢えず書いておきます。

アダム(男性)とリリス(女性)は、ほぼ同時に神様に作られた夫婦だったんだけど、喧嘩して、リリスは家出してサマエルの元へ走る。リリンは(おそらく)リリスが生んだ悪魔の一種。

最初の奥さんに逃げられたアダムは、アダムのあばらの骨から2番目の奥さんイブを作ってもらう。

宗教系の話はあまり得意としていないのでざっくりね。ざっくり。

あとは、エンディングの展開が飛躍して理解できないところがありました。ストーリーがかみ合っていない感じ。Netflixに移るにあたってカットされちゃったとか?

これは監督と脚本の「芸術観」なのでしょうけど、同じエンディングだったとしても、あの「描き方」に必要だったプロットは結構足りていなくて、それまで地道に積み上げてきた世界感、人物描写の流れを汲んだ「描き方」にした方がしっくりきたかも。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. エヴァには、ハマしました。
    ハマっていない人って、感性が健全なような気がしてうらやましくもあります。
    ダメ人間の内省ばっかり書いている私小説家が、ヌーヴェルヴァーグ的な映像演出に憧れつつ、SFアニメ作っちゃった、というのがエヴァテレビ版だと思っております。
    あの終わり方の原因のひとつは、時間とお金に余裕がなかったからと、どこかで読んだと記憶しています。
    広げた風呂敷を全く片付けないほうが、視聴者の心には深く長く残るので、最終二話はその点では大成功。
    でも、映画版はそんなにハマれないですね。
    やはり時間とお金と心に余裕がありすぎると、凄いものってなかなか生まれない気がする〜

    1. ぷうままさん、コメントありがとうございます♪
      新首相記事、待ち望んでおります。
      (さらりとおねだりしてみる。)

      エヴァは感性が繊細でないと惹かれないのかもと思いながら見ました。
      あのエンディングは、時間とお金の問題もあったんですね。確かにすごく印象に残る終わり方でした。私が好きなGuardians of the Galaxyは面白かったケド、敵キャラがどんな奴だったかすら忘れがちになるほど印象が薄いカモ。

      その視点、流石って感じです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください