とある知人が、とあるリーダーシップ研修に出かけたところ、若くて理想に燃えているコーチの毒気に当たったと、げっそりしているのを見て、爆笑いたしました。「若い人が”理想の自分”を追うのは、止められないよね~。」だそうです。

じゃぁ、30代後半の私たちにとって”理想の○○”が、ないかと言えば、もちろんあって、そこには”生活”がしっくりとハマるようになっちゃったのかもね、っといいながら、雑談を締めました。

あるある?

“理想の自分”をしっかり書きだそう!

上記の知人、書かされたらしいです。理想の自分。

そして、思いつかなくて、困ったらしいです。

わかる、わかる。

自分の理想の姿を文字として出来るだけ細かく描写することで、ゴールが明確化され、そこへ至る経路、道しるべ(マイルストーン)の設定、今やること、というように具体化が始まる。っとコーチが一人で張り切っていたらしいです。

そんなもの、テーマが”理想の自分”である必要ないじゃない?

いろんな業界の人が来るから、誰にでも当てはまる対象を選ぶとしたら、”自分”がやりやすいという事なんだろうけれど、そのワークショップを毎日やっているから、本来の目的を忘れてしまって、”自分”が一人歩きしてしまっているような印象を受けたそうです。

それが冒頭の若い人が”理想の自分”を追うのは、止められないよね~。という発言につながるのですが、コーチと受講者の温度差が大きかったらしいです。

20代は”理想の自分”を追う事を至極当然だと信じて疑わず、30代は”理想の自分”を考えるのが困難になってくる。っと、結論付けていましたが、まぁ、そういわれれば、そうかも。

“理想の生活”を抱く30代

30代ももうそろそろ終わりかけの私たち、”自分”が理想の対象ではなくなってしまったけれど、何も理想がないわけではありません。

ただ、”理想の○○”を考える時、”自分”より”生活”の方がしっくりくる。

言われてみれば、確かにそうだ!

20代=なりたい自分、30代=やりたいこと、40代=理想の生活、かな?っとちょっとアレンジを加えたくなるのですが、兎も角も今は”理想の生活”の方が、思い描きやすいです。

いや、だから何なの?っと聞かれたら困るのですが、私にとっての新事実だったので、書き残して置きたくなったのです。

私の理想の生活

私の理想の生活は、やっぱり「早期リタイア」。

できるだけ細かく描写すると、

  • 朝10時に起きて、朝ごはんを食べながらドラマを1本、ネットで鑑賞。
  • 正午前にちょろっと庭いじりをして、収穫物を昼食にていただく。
  • 午後イチでさっとザラ場(日本株式)を覗き見て、ポートフォリオをトリミング。
  • おやつの時間に、映画を1本観る(たまに映画館にも足を運ぶ)。
  • だらだら夕食を食べ終わったら、お風呂に入って、寝落ちするまでゲーム。

うーん。

若い人は云々と、色々書いておきながら、自分の理想の生活は、ちょっとアレですな…

え?

理想の自分を英語で??

この記事のスラッグは、My ideal selfにしましたよ。

笑。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください