とある知人が、とあるリーダーシップ研修に出かけたところ、若くて理想に燃えているコーチの毒気に当たったと、げっそりしておりましたw

「若い人が『理想の自分』を追うのは、止められないよね~。でもついて行けない。」だそうです。

30代後半の私たちが「理想の○○」を思い浮かべる時、そこには「生活」がしっくりとハマるようになっちゃったのかもね。

っとも、言っていました。

あるある?

「理想の自分」をしっかり書きだそう!

上記の知人、書かされたらしいです。理想の自分。

そして、思いつかなくて、困ったらしいです。

わかる気がする。

自分の理想の姿を文字として出来るだけ細かく描写することで、ゴールが明確化され、そこへ至る経路、道しるべ(マイルストーン)の設定、今やること、というように具体化が始まる。

っと、コーチが一人で張り切っていたらしいです。

そんなもの、テーマが「理想の自分」である必要ないじゃない?

いろんな業界の人が来るから、誰にでも当てはまる「ゴールの明確化」の対象を選ぶと、「自分」がやりやすいのかも?

そのワークショップを毎日やっているから、本来の目的を忘れてしまって、「自分」が一人歩きしてしまっているような印象を受けたそうです。

途中で「これ、何の研修だっけ?」みたいな感じになっちゃっていたらしいです。

「理想の自分」を追求する若いコーチと、中堅にさしかかった受講者の温度差が大きかったらしいです。

「やりたいこと」を抱く30代

30代ももうそろそろ終わりかけの私たち、理想の対象は「自分」ではなくなってしまったけれど、「やりたいこと」や「行きたい場所」はたくさんあったかも。

海外赴任を通して、いろんな経験を楽しんでいる内に、「自分はこうなりたい」よりも、「次は何して遊ぼうか?」っという感覚の方が強かったです。

私だけかもしれないけれど…

理想の「生活」を追い始めた40代

これは30代後半からですが、「早期リタイア」を目指し始めました。

これは理想の「生活」で、新しい経験じゃなくて、充実した日常を望んでいる感じかな。

最後に

20代=なりたい自分、30代=やりたいこと、40代=理想の生活っとシフトしてきたのかも?

知人との話が興味深かったので、記事にしてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください