Categories
ブログのウラ側

雑記 vs 特化

「雑記 vs 特化」の個人的な基準は、記事数が100を超えたカテゴリーは、特化ブログに分離独立させるのがスッキリしてよいと感じます。

特化ブログって業者っぽくなりすぎて好きじゃないと避けてきた雑記ブロガーがやむを得ず特化ブログに仕立て直したので、ブログを分けるかどうかの判断をした時の検討事項のメモです。

雑記特化
ブログの雰囲気素人くさい業者くさい
記事数500記事までが個人的限界100記事以上が心地よい
EAT低いがデメリットは感じない高いとメリットを感じる
回遊率低いハズ高いハズ
被リンクスパムリンクの処置が困難スパムリンクを検出しやすい
アクセス分析傾向が分かりにくい傾向が分かりやすい
ネタ切れないように感じるあることが可視化される
カテゴリー間の相性悪い時がある常に良い
初期設定一度だけめんどい
管理・運営複雑で仕分けがしにくいシンプルでラク

ブログの雰囲気

雑記ブログって、個人ブログって感じで、アットホームであると同時に素人くさい。でもそこがいいんですよね。

特化ブログになると、キャラクターを作ったり、デザインを可愛くしても、B-to-C (消費者向けサービス)って感じがして業者くさいです。

サイトがプロっぽい方が読者の安心感はあるかもしれませんが、好みの問題で、避けていました。

記事数とEAT

業者っぽいサイトはイヤだけど、日記だと自分の備忘録として記事を探す時に不便なので、雑記ブログとして一話完結スタイルにしていたのですが、記事数が増えるとごちゃごちゃして管理しにくくなりました。

これが特化ブログに仕立て直した最大の理由です。

プロたちの「EAT」の改善を目的にしていますね↓

検索流入に関しては、「検索表示」で「雑記ブログ」が劣っていると感じた事はありません。但し、「特化ブログ」だと「サイト名」がサイトのジャンルを示しているので、検索した人に「クリック」されやすくなっている感じはします。

回遊率

雑記ブログでは、記事一覧、ホーム、カテゴリーページの滞在ページビューが全体の20%を超えていました。

関連記事を探してくれようとしているのに探せない感じカモ?

PV対Visitorの割合は、特化の中でもジャンルによってばらつきが多いので、どちらの回遊率が高いと言い切れるほど明確な情報を持っていません。

よくみかけるブログ論「特化ブログは回遊率が高い」ような傾向が出てきたら、後日追記します。

被リンク

最近では騒々しく騒がれていませんが、外部サイトからの「被リンク」を増やすことを激プッシュするSEO記事が多く出た時期がありました。

でも、プロじゃない人間目線では、それでスパムリンクが蔓延して大迷惑です。

雑記ブログだといろいろな分野のスパムから被リンクを受けるので、処理が大変でした。特化ブログに仕立て直してから見分けやすくなって、処置がラクになりました。

分析

雑記ブログでは、いろんな記事がごちゃごちゃしていて、アクセス分析で傾向を見つけるのが困難でした。

とくに需要を示すサーチコンソールの検索パフォーマンスでは、人気のあるジャンルが上位を埋め尽くして、マイナーなジャンルの検索需要が見えにくい状態でした。

特化に変えてから、マイナーかつニッチなジャンルの検索需要が理解しやすくなったので、分析が楽しくなりました。

ネタ切れ

雑記ブログだとネタ切れのプレッシャーが少ないと言われますが、これはちょっと考え方が違う気がしています。

「雑記で毎日なんか書いているように見えるブログの方が良いブログだ」と読者が思うか?

うーん。

読者としての私は「更新頻度は低いケド、確実に読みたいジャンルの記事が出る」ブロガーさんの方が新着記事を楽しみにしているんですよね~。

それに実際にブログを分けてみると、更新していないジャンルが明確になったのは、個人的にはとても有益なことでした。

毎日書いているという自分の満足感と、読みたい記事が来ないな~っと思っている読者の満足感の差が可視化された感じ?

カテゴリー間の相性

雑記のカテゴリー同士の相性も、ブログを分ける理由の一つでした。

年齢が低い記事が多い「ゲーム」のカテゴリーと、年齢層が高い記事が多い「早期リタイア」のカテゴリーが一つのブログに混在し、「次の記事」、「前の記事」、「最近の記事」を通してチラつくと、ワカモノの情操教育上よろしくない。

このブログに「予備校」や「塾」の広告が出ていることを知った時に、社会人になる前に仕事に対して夢が持てなくなると申し訳ないから、分離しようと決意しました。

※最大の理由ではないケド、これが最後の一押しでした

お役に立てる記事なんて書けないけど、ワカモノに悪影響を与える記事は隔離したい、みたいなね。

その点、特化ブログは、相性の心配をしなくて済みます。

初期設定と運用

初期設定は言わずもがな、特化に分ける度に発生してめんどいです。

でも、分けてしまった後は、記事だけじゃなくて、メディアファイルもスッキリ仕分けされていて、管理しやすくなりました。

あと、古い記事を巡回でリライトするのですが、リライトしなくていいタイプの記事を選り分けやすくなって、これまたスッキリ。

最後に

「雑記 vs 特化」の個人的な基準は、記事数が100を超えたカテゴリーは、特化ブログに分離独立させるのがスッキリしてよいと感じます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.