モンハンの世界が大好きです。陸珊瑚の大地や大蟻塚の荒地をウロウロしていると、本当にその世界に来たような感覚になります。

『Horizon Zero Dawn』や『FF15』のフィールドも好きだったけど、個人的には『モンハンワールド』の色使いが一番好きかも。

リアリティーの追求ってこういう事かな?なんて思っていたのですが、同時にとてつもなく厳しいリアリティーにもさらされ、平手打ちにあった気分。

きっかけは、「ストレス買い」。

マルチが苦手な私が、やむなく出かけたサブキャラ初めての救援マルチは王ゾラクエスト。

1st multi-play

それでストレスが溜まって、衝動買いをしてしまいました。

Zorah Magdoros Gamma - fail

14武器周回が祟って、常に貧乏。

下位防具1式、上位防具1式、14武器を1つずつの最低限の持ち物でストーリーを進めました。

ストーリークリア後も、うら若き乙女キャラなのに、長らくオジサマを憑依させてミニマルライフを過ごしておりました。

Geralt armour

お金が枯渇したり、調査ポイントが枯渇したりの貧乏生活を乗り越えて、ようやく一息。

初めての衝動買い。

初めての贅沢。

この初めてのムダ遣いが最終的にこのキャラの息の根を止めました。

このムダ遣いが原因で、大事な大事な「匠の護石」が作れませんでした。

他の歴戦王たちを倒しながら70クエスト(14武器周回x5周)ほど待ってみましたが、ゾラマグダラオスのクエストが出ませんでした。

匠も心眼もなしで歴戦王たちのチケットを達人芸、心眼、業物の装備を作るのに必要な分を集め終えたこのキャラを誇りに思います。

でも今後ずっと匠の護石無しの生活なんて、つらい…

というわけで、たった一回のムダ遣いがこのサブキャラを閉じて、新たなサブキャラを作る原因になったのでした。

現実世界でも、衝動買いやストレス買いってありますよね。

後悔したり、反省したりすることはあっても、致命的に終わりを迎えるようなことは経験がございませぬ。

モンハンの世界、厳しすぎ。

リアルより厳しいリアリティでございますな。

最後に

サブキャラ進捗

Palico Baan Set

↓下手ハンのリザルト画面スクショ、第37弾。

Odogaron Bow

氷弓でヴァルハザク?

そう。素材貧乏で今だこれしか持っていないのです。

きびしいわ~。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください