英語のカタカナ化で気になるけど言えないことってありますよね。私には「ミニマムライフ」と「リタイリー」がそれ。

ミニマルライフじゃなくて、ミニマムライフ

私がブログを始めた2015年6月頃は、巷の「ミニマムライフ」と「ミニマルライフ」では、「ミニマム」圧勝でした。

仕方なく素直に日本語表記に従ってきたのですが、ひさーしぶりにブログ村の関連カテゴリーを覗きにいったら、ミニマム派が絶滅の危機でした。笑。

驚いて「グーグルトレンド」で調べたぐらいガッツリかわっていました。

ミニマム対ミニマル
ミニマム対ミニマル

これ、2016年の9月に何かあったでしょ?

ミニマルライフ、2016年9月
ミニマルライフ、2016年9月

そうしたらテレビで、ミニマルライフと紹介された上に、英語圏にお住まいの方が説明を加えてくださったのですね~。

ありがとうございます。葉隠れさん!スッキリしました!!
詳しくは、原典で→「「ミニマム」と「ミニマル」の違いを正しく理解しよう – 英国ミニマルライフ

ミニマルなライフスタイル系の言葉
その他のミニマルなライフスタイル系の言葉

リタイアラーじゃなくて、リタイリー

今、私が気になっているのは「リタイアラー」。

Googleトレンドに乗ってこれるほど大きなワードではないのですが、その界隈のブログを見ているとちょいちょい出てくるモヤっとする言葉です。

そもそも「早期リタイア」も「早期リタイアメント」であってほしいところですが、長たらしいし省略する分にはまぁ馴染める。

しかしですね、「リタイリー」が「リタイアラー」はどうかな…

リタイアラーじゃなくてリタイリー

参考資料:Cambridge Dictionary: Retiree

「retirer」というフランス語があるみたいだから、それのことだと思うようにしよう。

うん。

「マロン」もフランス語で、英語だと「chestnut」なのと同じだよ。

うんうん。

カタカナ英語は日本語

この他、「ベスト100じゃなくて、100ベストもしくはトップ100」とか、カタカナ化された英語は、独立した日本語だからっと、自分を納得させて生きております。

トップ100対ベスト100
トップ100対ベスト100

私自身も日本で英語だと思っていたカタカナがイギリス人に通じなかったとか今だに起こるしね。

それでも、新しく間違え始めている時期が一番モヤっとするんですよね…

それにしても、日本語の使い方に自信がない時にグーグルトレンド使うのって、私ぐらいかも?

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください