早期リタイアの為の「貯金」を始めてから、「お金持ち」の定義がかなりグレードダウンしました。

英国女王クラスの人たちを「お金持ち」だと思っていたのですが、ネット上には数千万円の貯金・貯蓄で「お金持ち」の仲間入りする人がいて、最初はビックリしました。

「お金持ち」のイメージ

英国女王陛下が私の「お金持ち」のイメージでした。

このお方でさえ、お金持ちの間ではお金持ちではないらしいですから、お金持ちってスゴイ世界です。

参考資料「英女王にまつわるお金の話、世間が思うほど裕福ではない実態

自分の中の「お金持ち」のイメージがあまりに遠すぎて、お金持ちになりたいと思ったことがありませんでした。

準富裕層…

早期リタイアの為の貯金関係の記事を読むにつれ、「お金持ち」が、実は近所まで進出してきているかもしれないことが分かってきました。

準富裕層(資産額5,000万円以上1億円未満)やアッパーマス層(資産額3,000万円以上5,000万円未満)となどと呼ばれる層です。

参考資料、「「1億総下流」は嘘っぱち「富裕層」101万世帯!

エリザベス女王は、超富裕層で上の上ランク。お金持ちの中のお金持ちだけど、お金持ちの間ではお金持ちではない。

混乱しますね。

意外と低い「お金持ち」のハードル

この準富裕層アッパーマスという表現もまた、面白いです。

の下」と「の上」の区切りが資産額5千万円なのですね。

仮に、年収が2,000万円以上の上位4.4%である27万人は、超富裕層(5.4万世帯)と富裕層(95.4万世帯)に属しているとすると、富裕層の25%しか占めていません。

残りの75%の富裕層は、一生涯働かなくてよいほどのお金持ち、元年収2,000万円クラスとその他庶民で構成されているのですよね…

あ、準富裕層とアッパーマスは、庶民じゃなくて「お金持ち」だった。

っと言う風に、意外とハードルが低いんですよね「お金持ち」ステータス。

「お金持ち」を目指すしかない

上流(=お金持ち)と中流(=庶民)の境界が資産額5千万円だとして、私の年齢で早期リタイアしたいなら、「お金持ち」側に入らなければなりません。

そう書くと、なおの事、自分と「お金持ち」の距離感に大きな違和感がありますが…

これまでの様に「お金持ち」を他人事としてスルーするのではなく、その特徴や習性にお金の溜め方を謙虚に学ばなければなりませぬ。

しぇ~。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください